ノーベル化学賞に仏米蘭の3氏 「分子マシン」研究で

スウェーデン王立科学アカデミーは2016年10月5日夕(日本時間)、16年のノーベル化学賞をフランスとアメリカ、オランダの研究者3人に贈ると発表した。

受賞者は、仏ストラスブール大のジャン・ピエール・ソバージュ、米ノースウェスタン大のフレイザー・ストッダート、蘭フローニンゲン大のベルナルド・フェリンガの3氏。刺激を与えることで機械のような動きを起こす「分子マシン」と呼ばれる分子の組み合わせを実現した研究が評価された。新素材開発などへの応用が期待されている。