コロンビアのサントス大統領にノーベル平和賞 内戦終結に尽力

ノーベル委員会は2016年10月7日、コロンビアのフアン・マヌエル・サントス大統領にノーベル平和賞を授与すると発表した。50年以上に渡る内戦の終結への尽力が評価された。

コロンビア国内では、左翼ゲリラ組織「コロンビア革命軍(FARC)」との内戦が50年以上に渡って続いている。その終結に向けて、サントス大統領はFARCと交渉を重ね、9月26日に和平協定に署名した。しかし、その後10月2日に行われた国民投票では、和平反対派がわずかに上回り、合意は否決されている。