韓国で「大阪は危険」報道が過熱 総領事館が注意呼びかける事態

韓国で"大阪は危険"報道過熱

韓国で「大阪は危険」報道が過熱 総領事館が注意呼びかける事態

韓国で「大阪は危険」報道が過熱 総領事館が注意呼びかける事態

韓国で「大阪は危険」報道が過熱 総領事館が注意呼びかける事態の画像

大阪市中心部の繁華街「道頓堀」で韓国人観光客が相次いで暴行を受けたと韓国メディアが報じ、様々な憶測が流れている。

寿司店でわさびを多く入れたという騒ぎや、バスチケットや車掌のアナウンスに差別的表現があったとされる問題など、このところ大阪近辺で韓国人観光客が差別や被害を受けたとする報道が韓国で増えている。

息子が日本人の男から蹴られたと訴え

そして、今度は、韓国人観光客が暴行被害に遭ったという情報が飛び出した。

最初にこのことを報じたのは、韓国のSBSテレビだ。

2016年10月11日夕の放送によると、韓国の会社員男性(46)がインタビューに対し、旅行で5日夜に道頓堀商店街まで来ると、中学生の息子(13)が突然、20代らしき「日本人の男」から後ろ足で腹部を回し蹴りにされたと証言した。息子を助けようとすると、男性も腕の部分を蹴られ、男性が韓国語で抗議すると、「日本人の男」は拳を振り上げて威嚇したという。

「日本人の男」は、片腕に入れ墨を入れていたといい、通行人20人ほどが近くにいたが、だれも助けなかったと怒っていた。男性は、その後「わさびテロ」の報道を知って、自分も「嫌韓テロ」を受けたと考えていると明かした。

男性は翌6日に大阪の韓国総領事館に被害を訴え、警察への通報をアドバイスされたというが、帰国便までの時間がなく被害届は出さなかったとしている。

SBSテレビでは、このほかに韓国のSNS上で、9月末に道頓堀を訪れた旅行者の妻が「日本人女性」から尻や足を蹴られ、両足にアザができたと報じている。

この報道は、大阪の韓国総領事館がホームページ上で11日、道頓堀で韓国人が被害を受けたケースがあるとして、夜間には特に安全に注意するよう韓国語で呼びかけたことを受けて行われた。

中央日報など韓国の大手メディアも、報道を後追いしている。それも、「わさびテロ」などと関連づけるケースが多く、コメント欄には、「これは酷すぎる」「日本観光を止めよう」などと次々に書き込まれている。

韓国総領事館「事実関係は分からない」

一方、2ちゃんねるなど日本のネット上では、在日韓国人の仕業ではないか、といった根拠のない憶測も出ており、中には韓国人観光客らの自作自演ではないかと疑う向きさえあった。

韓国人観光客が相次いで暴行を受けているという報道は、どれだけ事実関係が分かっているのだろうか。

大阪の韓国総領事館は、J-CASTニュースの10月12日の取材に対し、文化担当者が次のように答えた。

「男性ご本人が『被害を受けた』と相談に訪れたのは間違いありません。帰国の日程があって、警察に申告できないとのことでした。こちらでは、事実関係までは確認が取れてないです。韓国人への差別があったかについても、特定できていません。9月末に別の暴行があったことなどは、こちらでは聞いていないです」

ただ、道頓堀は飲み屋が多く、韓国人観光客がぼったくりに遭うなどのトラブルは結構あるそうだ。今回のホームページでの注意呼びかけについては、「そのようなことも含めて、被害を受ける可能性があると考えて行いました」と説明した。実際に、ケンカになって殴られるなどのケースもあったという。しかし、これまでに韓国人への差別的発言などがあったかは分からないとしている。

ネット上で出ている在日説や自演説については、「常識外れなことであり、そんなことはありえないと思います」と話している。