タイのプミポン国王死去 在位「世界最長」70年

タイ王室庁は2016年10月13日、プミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)が死去したことを発表した。88歳。在位期間は70年4か月で、現役君主としては世界最長だった。

王室庁の声明によると、13日15時52分、病院で安らかに息を引き取ったという。死因は明らかにされていない。数年前から体調の悪い状態が続き、入退院を繰り返していた。15年5月からは首都バンコクの病院に入院。16年10月に入ってからは容体が不安定であることが伝えられていた。

1946年6月、兄・ラマ8世の死を受けて18歳で即位。国民生活向上を目的に、農村開発など数多くの「王室プロジェクト」に取り組んだ。また、民主化勢力と軍政が衝突した92年の「5月流血事件」では調停役を務めるなど政治的指導力も発揮し、タイの「国父」として国民から慕われた。

王位は長男のワチラロンコン皇太子(64)が継承する見通し。国家公務員などの服喪期間は1年とされた。

安倍晋三首相は10月13日、プラユット暫定首相宛ての弔辞を発表。「日本国政府及び国民を代表して、衷心から哀悼の意を表します」などとした。