ハロウィーン、東京都内は全面禁止に! 水道橋博士「提言」が歓迎される理由

ハロウィーン、東京都内は全面禁止に! 水道橋博士「提言」が歓迎される理由

ハロウィーン、東京都内は全面禁止に! 水道橋博士「提言」が歓迎される理由の画像

ここ数年、渋谷駅前など東京都内の道路が仮装した人であふれる「ハロウィーン」について、タレントの水道橋博士(54)が、テレビ番組で「東京都は全面禁止すべき」と主張し、出演者の多くから賛同の声があがった。

おむつを替えるための部屋が仮装の着替えに占拠されたり、奇抜な仮装で周りの人が困惑したり、ごみが散らかったりする、というのがその理由だ。ハロウィーンの経済効果はバレンタインデーを上回るという試算もあるが、警備や清掃にも莫大な経費がかかっているとも指摘され、年々派手になる一方の街頭でのハロウィーン騒ぎに、周囲からは厳しい目が注がれるようになっている。

「地方でやるのは全然問題ない」

水道橋博士は、2016年10月13日放送の「バイキング」(フジテレビ)のコーナー「今日だけ言わせて!私の提言!!」で、

「東京都はハロウィーンを全面禁止すべき!」

と提言した。ハロウィーンはケルト人が起源の農業を祝う祭りだとして、水道橋博士は「なんで都会でやってんだ」と指摘。

「地方でやるのは全然問題ない。東京でやることに様々な問題を含んでいる」

と訴えた。この提言に、出演者6人中4人が「賛成」の札をあげた。

「賛成」の札をあげたお笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基さん(42)は

「全面禁止かは分からないが、ちょっと訳の分からん方に盛り上がりすぎている。いろんな騒動になったりとか...」

と話し、2015年のハロウィーンシーズンに体験した出来事を紹介した。後藤さんは子どものおむつを替えようとショッピングモールのおむつ交換用の部屋に入った際、仮装のために着替えをしていた女性が「キャーッ!」と悲鳴をあげたという。後藤さんは

「ここまで盛り上がるか、っていう感じもする」

と過熱ぶりに困惑していた。

「仮装している女の子は下品な子しかいない」

相方の岩尾望さん(40)は、

「自宅でハロウィーンパーティーとか、お店を借り切ってやるならいいんですけど...。街中に出る必要はあるのか」

と、屋外での活動を疑問視。所属事務所近くの歌舞伎町の路地で血まみれの人に遭遇して驚いたことがあるといい、

「いきなりだったらびっくりする」

と話していた。

一方、タレントの横澤夏子さん(26)は

「仮装している女の子は下品な子しかいない。渋谷で仮装している子は本当に下品な女しかいない。だって、お腹とか出して短いパンツでいるのに『痴漢された』って、いや、そんな格好しているから痴漢されるんだよって話で、痴漢を引き起こしてるのに被害者ぶっているのはなんでだろうな、って思う」

などと仮装に参加する女性を非難した。

「警備、清掃の費用を考えれば経済効果あるとはない」

水道橋博士に「反対」の札を掲げた薬丸裕英さん(50)でさえも、トイレを占拠したりゴミが散らかったりするといった問題を指摘し、

「別に『全面(禁止)』でなくてもいいが、マナーを守らない人とかには道路交通法を適用しても...」

などとして一定の規制はやむを得ないとの考えだ。

日本記念日協会による推計では、16年のハロウィーンの市場規模は前年比10.2%増の1345億円。バレンタインデー(1340億円)を上回り、クリスマスに次ぐ規模になった。通販大手のアマゾンが8月15日にオープンした「ハロウィンストア」では、15年より5割以上多い18万点のコスチュームを揃えた。仮装グッズの伸びが市場規模を支えていることがうかがえる。

ただ、こういった経済効果については、水道橋博士は懐疑的だ。水道橋博士は、整備、警備、清掃などに1200億円以上かかっているとして「経済効果があるとは言えない。特に東京に限ってはひどい」と持論を展開していた。