参院東京、改選数6に「旧民主系」3人擁立 「共倒れリスク」避けられるか

参院東京、改選数6に「旧民主系」3人擁立 「共倒れリスク」避けられるか

参院東京、改選数6に「旧民主系」3人擁立 「共倒れリスク」避けられるかの画像

2019年夏に行われる参院選の東京選挙区(改選数6)が乱戦模様だ。立憲民主党は19年5月22日、元朝日新聞記者で新人の山岸一生氏(37)を擁立すると発表。元都議の塩村文夏(あやか)氏(40)に続いて2人目の擁立だ。国民民主党も独自候補を擁立しており、これで旧民主系は3人だ。

前回16年は旧民主系が2人出馬して2人とも当選したが、定数が5だった13年は2人が出馬して票が割れた末に「共倒れ」に。19年はどちらに転ぶのか。

国民、社民なども独自候補擁立

13年に当選した現職の5人は、早々に出馬を決めている。自民党は元五輪相の丸川珠代氏(48)と武見敬三氏(67)、公明党は代表の山口那津男氏(66)、共産党は吉良佳子氏(36)をそれぞれ公認。13年に初当選した山本太郎氏(44)は19年4月10日に自由党(現在は国民民主党へ合流)を離党し、政治団体「れいわ新選組」を結成することを発表。無所属で出馬する意向を示している。

国民民主党は5月22日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)職員の水野素子氏(49)の擁立を発表したばかり。それ以外にも、社民党、幸福実現党などが候補者を擁立する方針だ。

山岸氏の擁立を発表した記者会見でも、記者からは「共倒れ」リスクに関する質問が出た。これに対して福山哲郎幹事長は

「これで2人そろったので、どういう形で選挙戦を組み立てるかについては、都連と党本部、それぞれしっかりと議論しながら、例えば地域割りにするのか...。一応方向性としては決まっており、今日正式に(2人擁立が)決まったから、ここから具体的にどうするか決めていきたい。今の状況の中で2人が最大限運動を展開すれば、私は2人当選が十分に可能だと思っている。そういった運動が展開できるように頑張っていきたい」

などと話し、両候補が競合しないような策を検討したい考えだ。

野党4党派は5月21日、参院選では32区ある1人区のうち、11選挙区について候補者を一本化することで合意。参院選では野党共闘が進みつつあるが、衆院での調整は本格化していない。そのため、仮にダブル選になれば、野党には不利になるとの見方も出ている。

岡田克也氏「やっぱりダブルだと、より自民党に有利に...」

立憲民主党会派の岡田克也衆院議員(無所属)は5月23日午後、現職の与党議員が続投の意向を示しているにも関わらず、野党が候補を立てきれていない衆院小選挙区が多数あることを指摘。

「全国でみると、そういう空白のところがたくさんあるわけですから、参院選を考えたときにやっぱりダブルだと、より自民党に有利に働くことは間違いない。(野党が)候補者を立てるという作業を急がないと...。今立てても戦力にならないかもしれないが、それでもいないよりいた方がいい。急いでやってもらいたい」

などと危機感を隠さなかった。「3年前と比べると、かなり客観的状況は厳しい」とする一方で、この3年間で「岩盤のようにある安倍政権に対する不信感」が膨れ上がっており、これに野党がどう応えるかが問われる選挙戦になるとの見方を示した。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)