現存最後のパノラマ型クロ381形、解体へ 日本の鉄道車両保存、課題はどこにあるのか

現存最後のパノラマ型クロ381形、解体へ 日本の鉄道車両保存、課題はどこにあるのか

現存最後のパノラマ型クロ381形、解体へ 日本の鉄道車両保存、課題はどこにあるのかの画像

新幹線に押し出されて、せっかく保存した展示車両が失われてしまう―そう危惧する声が鉄道ファンに広がっている。

JR東海は2019年7月17日から、リニア・鉄道館(名古屋市)でN700系新幹線電車の展示を始めると5月17日に発表したが、これにともなって在来線で活躍した117系電車と381系電車の一部の展示終了も発表された。

博物館で安住の地を得たと思った車両が失われる―こうした事態は、実は簡単に起こりえるのかもしれない。鉄道車両の保存をめぐる問題を探った。

「しなの」で08年まで活躍

JR東海発表によると、N700系量産先行車3両を展示するにあたり、屋外の展示予定場所にある117系電車3両のうち1両を屋内に移設し、同時に117系の移転先に展示中の381系パノラマ型グリーン車「クロ381形」の展示を6月7日限りで終了する。

クロ381形は、国鉄民営化後の1988年にJR東海が改造したパノラマ型の車両で、同社の特急「しなの」で08年まで使われた、この1両のみが現存する貴重な車両だった。また117系も1982年から2013年まで名古屋エリアの東海道線を中心に活躍していた。展示終了の知らせに、惜しむ声と、とりわけ1両しか残っていないクロ381形の行く末を案じる声が相次いだ。

JR東海は5月21日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「総合的な判断で、(117系とクロ381形の)展示を終了することとしました」


と理由を答えた。展示を終える3両は、館外に搬出の後解体する計画だという。鉄道ファンの不安は的中し、解体が既定方針とのことである。

一度は保存した鉄道車両が失われることは、やむを得ないことなのか。

鉄道会社頼みの車両保存

鉄道会社勤務歴もある鉄道ライターの枝久保達也さんは、

「車両保存は鉄道会社にとって文化事業ではありますが、営利企業として事業性も考慮せざるを得ないので、企業判断で決まれば解体撤去もやむを得ないことは確かです」


と語る。リニア・鉄道館にせよ、鉄道博物館(さいたま市)や京都鉄道博物館(京都市)にせよ、日本の鉄道関係の博物館はほとんどが企業博物館の域を出ず、展示方針も企業次第であるが故、収益を考慮する鉄道会社の施策に翻弄されざるを得ないと枝久保さんは指摘する。鉄道業界自体に、鉄道遺産を文化財として保全する姿勢が未だ定着していないのだ。

枝久保さんによれば博物館で保存されている車両の展示方針も館によってばらつきがあり、改装されて遊具のような扱いの車両や、陳列のみで見学できない例もある。新幹線車両を入れる代わりに在来線車両の展示を縮小するのも、東海道新幹線とリニア新幹線を看板とするJR東海としての合理的な判断だろうと推察できる。

また以前は廃車車両を鉄道会社から個人に譲渡・売却するケースもしばしばあったが、屋外で状態を保つのは容易ではなく、維持できずに解体される例も少なくないそうだ。アスベスト規制もあって鉄道会社に頼らない車両保存の道は、現状では極めて厳しい。

ファンの側でできることは......

「車両保存が鉄道会社頼みになっている現状では、企業の判断で動態保存の終了や保存車両の解体がこれまでにも起きていました。もはや鉄道会社で保存できないとなった時に、企業以外の人や団体が担い手になれればより状況はよくなるでしょう」


と枝久保さんは続ける。個人や団体による車両保存は人的にも財政的にも難しいものの、鉄道事業者のバックアップ的役割を担える土壌が必要だろうと指摘した。

「文化財でもある鉄道車両にどんな歴史的価値を見出し、どう歴史を伝えていくかが大切だという認識を、鉄道趣味界でも共有していくことが望ましいでしょう」(枝久保さん)

鉄道事業者とて、活躍した車両をすべて取り置くことは難しく、ファンの希望をすべて応えられる訳でもない。事業者と市井の間でできることのギャップを埋めることが、鉄道遺産の保全に必要なのだろう。

(J−CASTニュース編集部 大宮高史)