バファローズポンタ、「番長フレーム」でDeNA挑発 「ヨ・ロ・シ・ク!」

バファローズポンタ、「番長フレーム」でDeNA挑発 「ヨ・ロ・シ・ク!」

バファローズポンタ、「番長フレーム」でDeNA挑発 「ヨ・ロ・シ・ク!」の画像

プロ野球・オリックスバファローズの応援マスコット・バファローズポンタのツイッターアカウントが、2019年6月6日の対横浜DeNA戦に勝利した後、ネットで有名な「あの」ポーズで勝利宣言した。

「ヨ・ロ・シ・ク!」といえばあの人

投稿されたイラストには、京セラドーム大阪を背景に、バファローズポンタの父親・バファローズパパポンタが画面の右側で、「明日も勝つぞ!・・・・ヨ・ロ・シ・ク!」とポーズを決めている。

画面右側で顔を向けるこのポーズ、対戦相手の横浜DeNAの三浦大輔投手コーチが得意とする自撮りポーズで、番長こと三浦コーチのブログに何度も登場する、野球ファンには馴染みの構図である。ネット上では「番長(ばんてふ)フレーム」などと呼ばれ、テレビ番組などでも取り上げられたことがある。「ヨ・ロ・シ・ク!」も三浦コーチの決め台詞だ。

実は6月6日の試合開始前にも、三浦コーチのブログの画像をもじったバファローズパパポンタのイラストを投稿しており、明らかに横浜DeNAを挑発するようなイラストで交流戦を盛り上げている。

19年のシーズン開幕以来、オリックスが勝っても負けてもユニークな投稿を続けているバファローズポンタ一家だが、相手の実在チーム関係者をモデルにしたイラストは珍しい。これからもこのような皮肉の効いたイラストが見られるだろうか。