豊田真由子衆院議員の暴行を週刊新潮が報道、国会では労働環境の改善を訴えていた

記事まとめ

  • 豊田真由子衆院議員の暴行を週刊新潮が報道、豊田議員は自民党に離党届を提出した
  • 豊田議員はこれまで約4年半の議員生活で計100人の秘書が入っては辞めていったという
  • 国会で豊田議員は「働き続けていかれる仕組みづくりというものが大切」と訴えていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております