スシローに「ぼっち席」発見 店の意図と別に「1人で行きやすい」と好評

スシローに「ぼっち席」発見 店の意図と別に「1人で行きやすい」と好評

スシローに「ぼっち席」発見 店の意図と別に「1人で行きやすい」と好評の画像

回転寿司チェーン大手「スシロー」に「ぼっち専用席」があったとツイッター上で報告され、「1人で行きやすい」と歓迎されている。

その席は左右に仕切りが置かれたカウンター席で、両隣の視界が遮断されており、周囲の目線が気になる1人客にはありがたいというわけだ。だが店側によると、この席はそうした1人客のニーズに直接応えたものというより、偶然の産物のようである。

「すげぇ。ぼっち席スシロー行きてぇ」

「最近出来たスシロー来てみたんだけど」とあるユーザーがツイートしたのは2017年6月25日。同時に掲載したカウンター席の写真には、テーブル上の左右に仕切りが立てられている様子が写されている。写真で確認できる範囲では、仕切りは座った状態で頭上までありそうな高さで、奥行きはテーブルの手前と奥の端から端まですべてに及んでいるようだ。食事中に両隣の客から見られそうもなく、投稿したユーザーは「何このある意味理想のぼっち専用席」とも書いている。

1人で入店した時に周囲が気になる他のユーザーからは

「スシローのぼっち席いいな」
「すげぇ。ぼっち席スシロー行きてぇ」
「こういうのあれば満足」
「凄い助かる」

との声があがり、28日18時までに8000超の「いいね」が付いている。

スシローはどういう意図でこの席をつくったのか。運営する「あきんどスシロー」(本社・大阪府吹田市)の広報担当者は28日のJ-CASTニュースの取材に「店舗によってはそのような形になっているカウンター席があります」と「ぼっち席」の存在を認めつつ、「隣のお客様を隠すという目的のもとにできた席ではありません」と話す。

「1つでも多くの座席を確保」した結果

スシロー広報担当者によると、既存のビル内に店舗を構える場合、もともと飲食店用、まして回転寿司店用に設計されていない建物もある。そのため「柱があったり、内部の形状もまちまちだったりするので、そのスペースで工夫して客席やレーン、キッチンなど必要設備の配置を決めることになります」という。

この時、「1つでも多くの座席を確保できるよう、できるだけデッドスペースは減らすようにしています。その中で隣に柱があるなどの位置関係から、たまたま左右が遮られた座席ができることもあります」と説明する。

改めて「周囲の目を気にせず食事を楽しみたいという1人客のための席ではないか」と聞くと、「直接そうしたニーズにお応えしたものではありません」という。一方「こうした座席があることで、結果的にお1人のお客様がご来店しやすくなるのであれば、ありがたい限りです」とも話している。

店側の意図せざるところで、ぼっち専用席は反響を呼んでいるということのようだ。