バニラ・エアで車いす客のトラブル 乗降のあり方巡ってネットで論議に

車いすの男性がバニラ・エアに不当な扱いを受けたと訴え ネットでは疑問や批判の声も

記事まとめ

  • バニラ・エアを利用した車いすの男性が搭乗時にタラップで不当な扱いを受けたと訴えた
  • 男性は搭乗時に階段を這って上り、人権侵害ではないかとブログで訴えた
  • バニラ・エアでは、車いす利用者は、予約センターに連絡するよう求めている

バニラ・エアで車いす客のトラブル 乗降のあり方巡ってネットで論議に

バニラ・エアで車いす客のトラブル 乗降のあり方巡ってネットで論議に

バニラ・エアで車いす客のトラブル 乗降のあり方巡ってネットで論議にの画像

格安航空会社(LCC)のバニラ・エアを利用した車いすの男性(44)が、搭乗機に階段で乗降するタラップで不当な取り扱いを受けたとブログなどで訴えた。その内容などを巡って、ネット上で論議になっている。

男性は、自らのホームページ上でトラブルのてん末を書いている。それによると、2017年6月3日に鹿児島県の奄美大島へ旅行に行くため、同行者5人と一緒にバニラ・エアの機内に関西空港で乗り込んだ。

車いすごと担ぐのを制止され、階段を這って上る

チェックインカウンターでは、下半身不随のため歩けないと伝えると、一度は搭乗を拒否されたが、同行者が手伝うと説明して搭乗できたという。奄美空港に着くと、同行者が預けた車いすを取りに行き、タラップではうち3人に車いすごと担いでもらって降りた。

帰る日の5日は、奄美空港のカウンターに行くと、行きに車いすごと担いでもらって降りたのは社内規則違反だったと説明された。男性は、再び同行者が手伝うことを伝えてようやく搭乗できることになった。

しかし、男性は、空港で借りた車いすごと同行者に担いでもらおうとしてタラップ前で制止された。仕方なく、階段を這って上り始め、それも制止されたものの、男性は、同行者に足首を持ってもらって、なんとか上り切った。その途中では、客室乗務員が手伝おうと駆け下りてきたという。

こうしたバニラ・エアの対応ぶりについて、男性は、人権侵害ではないかとブログで訴えた。歩けないからと搭乗を拒否しようとするのは、障害者差別解消法に違反するとも指摘しており、鹿児島県の障害福祉課などに相談したことを明らかにした。

バニラ・エアのホームページ上では、「ご利用ガイド」として、車いす利用者は、5営業日前までに予約センターに連絡するよう求めている。奄美空港については、車いす利用者が同行者の手伝いを受けるなどしてタラップを上り降りできるか事前確認が必要だとしていた。

車いす利用を事前に連絡しなかった理由とは

バニラ・エアの対応について、ツイッター上などでは、「障害者に対して配慮が足りない」「設備を揃えてないのは良くなかった」などと疑問や批判の声も相次いでいる。一方で、「『安全が確保されないから』のやむを得ない処置」「確認を怠った利用客の落ち度でしょ」といった意見も出されている。

バニラ・エアの広報担当者は6月28日、J-CASTニュースの取材に対し、タラップでのトラブルについて、次のように説明した。

「車いすごと持ち上げれば、100キロぐらいあって不安定ですし、お客さまを抱きかかえても50キロぐらいあって転倒の危険があります。片足か両足が地面に着いた状態でないと、結果的にタラップはお使いできないことになります。しかし、足が不自由でも同行者の方が介助すると言われれば、受け入れざるをえないと思います」

ただ、男性のような車いす利用者のために、座って運ぶ担架のアシストストレッチャーを14日から奄美空港に備えたことを明らかにした。ホームページ上では、ストレッチャーを利用するために事前確認が必要との記述に改めた。また、車いすの男性に対しては、「不快な思いをさせてしまった」として、16日に謝罪したことも明らかにした。

男性から相談を受けた鹿児島県の障害福祉課では、取材に対し、障害者差別解消法の第5条で努力義務とされた合理的配慮が足りなかったとして、バニラ・エアに改善できないか打診したとしている。

男性は、バニラ・エアに事前に連絡しなかったことを認めたうえで、こう取材に説明した。

「事前連絡をして多くの人が断られており、今回も、もし連絡していれば乗れなかったと思っています。乗るたびに連絡するのは、あまりにも手間と時間がかかり過ぎます。歩けないと乗れないというのはおかしいですし、連絡なしに乗れる社会にする必要もあると考えています」