マック赤坂ら「異色候補」の得票数 意外と多い?少ない?

マック赤坂ら「異色候補」の得票数 意外と多い?少ない?

マック赤坂ら「異色候補」の得票数 意外と多い?少ない?の画像

2017年7月2日に投開票が行われた東京都議選の選挙期間中は、都民ファーストの会と自民党の動向に注目が集まった。

一方で、独自の選挙活動や主張を展開する「異色候補」らも選挙戦後半、選挙区を超えて合同演説会をするなど存在感を見せた。J-CASTニュースも取り上げた合同演説会に参加した3候補の選挙結果は、結局どうだったのか。

「またスマイル星から呟きます。スマイル!」

投開票が迫った6月27日、3候補が秋葉原に集まり合同演説会を開いた。3候補は、無所属のマック赤坂氏と、「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏、「国民ファーストの会」の後藤輝樹氏で、いずれも2016年7月の東京都知事選にも立候補した。この演説会の様子は、J-CASTニュースも「(略)都議選『異色候補』そろい踏みで秋葉原騒然」(6月28日配信)の記事で紹介した。

国政も含め立候補経験が豊富なマック氏は今回、世田谷区(定数8)で出馬し、9021票を獲得したが18人中13位で落選。当選ライン(8番目当選)の得票数は1万8048票だった。

マック氏は投開票の翌3日、ツイッターで、

「マック赤坂はスマイル星に帰りますが今後も故郷から都政を見守り続けます。近くにお越しの際にはお立ち寄り下さい。またスマイル星から呟きます。スマイル!」

などと、報告した。

注目選挙区の千代田区でも

また、船橋市議会議員の経験もある立花氏は、葛飾区(定数4)に出馬し、4463票を獲得。8人出馬した中で最下位だった。当選ライン(4番目当選)は2万2120票。立花氏は3日のツイッターで、次の立候補予定の選挙にも触れながら、

「これからもNHKから被害を受けている国民を全力でお守りする活動を続けて参ります」

と宣言した。

都議選の中でも特に注目区とされた千代田区(定数1)に立候補したのは後藤氏。同区は、「都議会のドン」と言われた内田茂氏の後継の自民候補と、小池氏が「刺客」として送り込んだ都民ファースト候補の対決の構図で高い関心を集めた。その後藤氏の得票数は602票で、4人出馬した中で最下位に終わった。当選した都民ファーストの会の樋口高顕氏の得票は1万4418票だった。後藤氏は2日深夜、自身のツイッターで落選を報告した。