蓮舫代表、戸籍公開へ 「二重国籍」問題の党内不満へ配慮か

民進党の蓮舫代表が『二重国籍』問題で戸籍謄本を公開へ 党内の不満に配慮か

記事まとめ

  • 民進党の蓮舫代表が『二重国籍』問題で戸籍謄本の公開に前向きな姿勢を示した
  • これは、党内で今井雅人氏や原口一博氏らが不満を示していることへの配慮らしい
  • しかし、蓮舫氏は10カ月近くも問題を先送りしており求心力が回復するか未知数だという

蓮舫代表、戸籍公開へ 「二重国籍」問題の党内不満へ配慮か

蓮舫代表、戸籍公開へ 「二重国籍」問題の党内不満へ配慮か

蓮舫代表、戸籍公開へ 「二重国籍」問題の党内不満へ配慮かの画像

民進党蓮舫代表が、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」問題で、これまでは応じてこなかった戸籍謄本の公開に向けて、前向きな姿勢を示した。時事通信などが2017年7月11日午後、党幹部による情報として伝えた。

蓮舫氏の二重国籍問題をめぐっては、東京都議選(7月2日投開票)での議席減を受け、所属国会議員らから不満や疑問の声があがっていた。

今井衆院議員「まずは、蓮舫代表の二重国籍問題を解決することだ」

時事通信の記事によると、11日午後にあった党執行役員会で、蓮舫代表が「戸籍(謄本)を示し、近々説明する」と述べた。党幹部が明かしたという。

これに先立つ9日には、同党の今井雅人・衆院議員がツイッターで、「都議選の大敗」を受け、

「まずは、蓮舫代表の二重国籍問題を解決することだ」

と指摘。さらに、

「この問題をうやむやにしてきたから、うちの党はピリッとしないのである」

との分析を披露し、従来、資料公開に応じてこなかった蓮舫代表の姿勢を批判した。

また、原口一博・元総務相も9日のツイッターで、蓮舫氏が16年9月の代表選の際、

「(国籍問題は代表選後に)詳らかにするようにと言う条件付で決着させたと理解しています」

との見方を示した。また、

「どの国に生まれたかは本人にどうしようもないこと。しかし公人」

と、明言はしていないものの、説明責任を果たすよう暗に求める内容も投稿した。

都議選敗北の結果を受け、蓮舫執行部への不満がくすぶっており、「二重国籍」問題の解決を求める声は、今井、原口両議員に限らず、一定程度広がりを見せていた。今回の蓮舫代表の方針転換は、こうした不満の声へ配慮したものとみられる。

16年10月には「(日本国籍の)選択宣言をした」と説明

蓮舫代表の「二重国籍」問題は、16年9月の民進党代表選の際にあらためて注目を集めた。従来は、17歳の時に日本国籍を取得し、台湾籍を抜く作業をしたと説明していた。しかし、9月13日の会見で、指摘を受け調べたところ、台湾籍が残っていたとの連絡を受けたと公表。10月15日には記者団に対し、台湾籍の離脱を証明する書類が届き、日本の役所に出したが受理されず、「(日本国籍の)選択宣言をした」と説明した。国籍法上は、22歳までに国籍選択を行う義務がある。

また、関係資料の公開に関しては、日米の二重国籍だった自民党の小野田紀美・参院議員と蓮舫代表の対応の差もクローズアップされた。小野田氏は17年5月、米国の国籍喪失証明書が届いたとして、写真付きでフェイスブック(FB)に載せるなど、複数回にわたり資料公開を行った。一方、蓮舫代表は5月25日、小野田氏の取り組みを受けて報道陣から「同様の公開をする気はないか」との趣旨の質問を受けたが、「(公開する考えは)ないです」と答えていた。

今後、蓮舫氏が資料を公開したとして、それで求心力が回復するのかどうかは未知数だ。10か月近くも問題の解決を先送りし、都議選で自民党が大敗する中、議席を増やすどころか減らしてしまった現状への不満の声は、すぐには収まりそうにない。