自民党「コラボ」、ViViだけでなくグノシーも 参加者には首相ビデオレター...「政治的な意図や背景ない」

自民党「コラボ」、ViViだけでなくグノシーも 参加者には首相ビデオレター...「政治的な意図や背景ない」

自民党「コラボ」、ViViだけでなくグノシーも 参加者には首相ビデオレター...「政治的な意図や背景ない」の画像

自民党が2019年6月10日、女性向けファッション誌『ViVi』(講談社)とニュースアプリ「グノシー」とのコラボレーション企画を始めた。

特定の政党とのコラボ企画とあって、SNS上では両社の姿勢を疑問視する声も寄せられている。両社の見解は。

安倍晋三首相のビデオレターが送られる

両社とのタイアップは、自民党が5月1日から進める広報戦略「#自民党2019プロジェクト」の一環だ。

同プロジェクトは、若年層の支持拡大を狙ったインターネット施策で、10代のアーティストやダンサーを起用したPR動画などを公開してきた。

ViViとのタイアップでは、ツイッターとインスタグラムで、国や社会への要望を募集。「#自民党2019 」「#メッセージTシャツプレゼント」とのハッシュタグを添えて投稿すると、ViViのモデル9人のメッセージがプリントされたTシャツが抽選で当たる。肩口には自民党のシンボルマークも転写されている。告知分では「PR」表記があり、自民党のタイアップ広告であると明示されている。

また、「グノシー」とも組み、6月10〜16日の期間、「日本政治王決定戦」と題したクイズ番組を配信する。正答数が最も多かった参加者には、安倍晋三首相のビデオレターが送られる。

期間中には、フェイスブックとツイッターで政治関連の疑問を募り、ハッシュタグ「#自民党2019」を添えるよう指示する。質問は後日、回答とともに「グノシー」の記事で配信予定という。グノシーは告知画像で「collaboration with 『#自民党2019』プロジェクト」とうたっている。

2つの企画が告知されると、ツイッターでは「特定の政党とコラボすることに疑問を感じないのだろうか」「viviって自民党の機関紙だったんだね」「ニュース配信アプリが、こんなことしたら終わりでしょ。『うちが配信するニュースは自民党よりです』って言ってるに等しい」などと、批判的な声が相次いだ。

講談社、グノシーの見解は?

講談社広報部に11日、企画考案、Tシャツ制作の主体を聞くと「コンテンツ作成過程の具体的な内容はお答えは控えさせていただきます」とし、政治的な意図については「一切ございません」と答えた。

一方、グノシーには、(1)企画は広告に該当するか(2)批判への受けとめなどを質したが、広報は「個別の質問に対する回答はいたしかねますが、本企画は視聴者の皆様に政治全般に関心を持っていただけるような場を提供できないかという思いから実施しており、政治的な意図や背景はございません」と答えるにとどめた。