ビックカメラ、「スイッチ」抽選販売の「不正疑惑」を否定 複数店で指摘相次ぐも...

ニンテンドースイッチの抽選販売をめぐり不正疑惑が浮上 ビックカメラが疑惑を否定

記事まとめ

  • ビックカメラが実施したニンテンドースイッチの抽選販売をめぐり不正疑惑が浮上した
  • 配布された抽選券の番号に「不自然な『抜け』がある」との指摘が上がったという
  • ビックカメラ広報IR部の担当者は、ネット上の疑惑について否定した

ビックカメラ、「スイッチ」抽選販売の「不正疑惑」を否定 複数店で指摘相次ぐも...

ビックカメラ、「スイッチ」抽選販売の「不正疑惑」を否定 複数店で指摘相次ぐも...

ビックカメラ、「スイッチ」抽選販売の「不正疑惑」を否定 複数店で指摘相次ぐも...の画像

ビックカメラが実施した「ニンテンドースイッチ」の抽選販売をめぐり、「抽選方法に不正があったのではないか」との疑惑がインターネット上で広まっている。参加者の一部から、配布された抽選券の番号に「不自然な『抜け』がある」との指摘が上がったためだ。

一方、ビックカメラの広報担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、ネット上の疑惑について「まったく事実ではない」と否定。では、なぜ「不正疑惑」が広まることになったのか。その理由について尋ねると......。

「当たりの抽選券を抜いているのではないか」

ビックカメラのスイッチ抽選販売での「不正」を訴える投稿は、2017年7月21日から23日にかけてツイッター上に相次いで寄せられた。投稿の内容はいずれも同様で、その大枠をまとめると次のようになる。

知人や家族と共に抽選販売に参加したが、本来は「1番」から順に一人ずつ連番で渡されるはずの抽選券の番号に、途中で「抜け」があった(例えば、『933番』の次に貰った抽選券が『935番』となっていた)。

その後、抽選券の配布終了後に発表された当選番号を見ると、受け取った抽選券はどれも外れで、途中の抜けていた番号(先ほどの例で言えば、『934番』)だけが当選していたというのだ。投稿者はいずれも、こうした経緯を説明した上で、

「事前に当たりの抽選券を抜いているのではないか」

などと店側の不正を疑う言葉を寄せている。

こうした疑いを抱くユーザーが出たのは、一店舗だけではない。

J-CASTニュースが確認した限りでは、水戸駅店(茨城県水戸市)、なんば店(大阪市)、池袋西口店(東京・豊島区)の抽選販売に参加したネットユーザーが、それぞれに配布された抽選券の写真付きで事態を報告している。

抽選方法の不正を疑う声が相次いで出たことを受けて、ツイッターやネット掲示板には、

「ここまで複数で発生すると疑惑で終わらんよ」
「不正を疑われても仕方のない店舗が複数あるうえに、本社が抜本的な対策をとってないのは確か」
「水増し客寄せに使ったんじゃないかなと思う」

といった指摘が殺到。さらには、ビックカメラの公式ツイッターアカウントにも、直接リプライ(返信)する形で事態の説明を求める声が相次いでいる。

「必ず連続した番号になるわけではありません」

ビックカメラ広報IR部の担当者は2017年7月24日、J-CASTニュースの取材に、意図的に当たり券を抜いていたのではないかというネット上の疑惑について、

「まったく事実ではありません」

と否定する。その理由については、「お客様にお渡しする抽選券の番号は、必ず連続した番号になるわけではありません」とした上で、

「基本的には番号順にお渡ししているのですが、複数のスタッフが同時に並行してお客様に抽選券を配布しているので、受け付け順と抽選番号がズレてしまうことはよくあるケースです」

と説明した。実際、ネット上に報告があった池袋西口店となんば店のケースは、番号の「配布ズレ」が起きていただけで、当選券を配布された別の客がきちんと商品を購入しているという。

一方、7月21日朝に行われた水戸駅店での抽選販売について、広報担当者は「完全に店舗側の不手際」だと認めた。店舗スタッフが一部の抽選券を紛失し、それに気づかず抽選販売を進め、結果的に紛失した抽選券が当選してしまうトラブルが起きたという。

実際、水戸駅店のケースについては21日夕、店舗公式サイト上で「お詫び」を発表している。その上で担当者は、

「こちらの不手際で、お客様にご迷惑をおかけしてしまい申し訳なく感じています。今後、抽選券の配布についてはより一層気を付けて実施したい」

と話していた。なお、抽選券の紛失によって販売できなかった商品については、翌22日の抽選販売で改めて販売したという。