逮捕の籠池夫妻、出頭前に「詠歌」 「日本の夏...」ネットで注目

森友学園前理事長の籠池泰典容疑者と籠池諄子容疑者を詐欺で逮捕 出頭前の詠歌が話題

記事まとめ

  • 森友学園前理事長の籠池泰典容疑者と籠池諄子容疑者が国の補助金詐欺で逮捕された
  • 泰典容疑者は出頭前に『歌』を詠み、諄子容疑者は「かっこいい」と声をかけた
  • 2人のやり取りに、ツイッター上で「笑うなって方が無理」など、様々な反応が出ている

逮捕の籠池夫妻、出頭前に「詠歌」 「日本の夏...」ネットで注目

逮捕の籠池夫妻、出頭前に「詠歌」 「日本の夏...」ネットで注目

逮捕の籠池夫妻、出頭前に「詠歌」 「日本の夏...」ネットで注目の画像

学校法人「森友学園」前理事長の籠池泰典容疑者と、その妻・籠池諄子容疑者が2017年7月31日夕、国の補助金をだまし取った詐欺の疑いで大阪地検特捜部に逮捕されたが、2人の出頭前の振る舞いにインターネット上で奇妙な注目が集まった。

特捜部は逮捕に先だって同日昼過ぎ、2度目の事情聴取のため出頭を求めており、2人が自宅を出た様子も報じられた。

「良き天気。心安らかなり」

テレビ報道によると、籠池容疑者は出頭のため玄関を出た際、立ち止まって空を見上げ、神妙な面持ちで「良き天気。心安らかなり」として突然「歌」を詠み始めた。

「日本の夏 蝉の声 いま静かにして 木の下に宿れるなり 我が心 その宿れるなりと同じき 安き心にある」

すぐに「行ってきます」と言って歩き始めると、後を追う諄子容疑者は「お父さん、かっこいい」と声をかけた。出頭前から逮捕の可能性が報じられていたため、こうした2人のやり取りにツイッター上では

「歌を読んでる場合じゃねーよ」
「歌はいいからはよ行けって思った...」
「謎の俳句を詠んでる籠池前理事長と後ろで何かに拝んでいる夫人、こんなん笑うなって方が無理なんですけど」
「家を出る際、俳句を読む図太さである。この家庭は全員おかしい」

などと異様さにさまざまな反応が出ている。

前回も「変な俳句みたいの詠んでいたんだけど」

籠池容疑者は特捜部による1度目の事情聴取があった27日にも出頭前に「歌」を詠んでいたため、当時ツイッター上で「検察行く前に変な俳句みたいの詠んでいたんだけど」「籠池夫妻が聴取に向かうまでおもろいwww俳句詠むなw」など今回と同様の声があがっていた。

籠池容疑者はこの時「一点の曇りなく説明できるものはしていきたい」としていたが、同日聴取を終えると「今日はほぼ黙秘した」と述べていた。

また特捜部は6月19日、籠池氏の自宅や森友学園事務所などを強制捜査し、経理の資料などを押収。籠池容疑者は当時「国策捜査だ」と批判していた。

籠池容疑者は、塚本幼稚園の専任教職員数や要支援児童数を水増しし、大阪府の補助金合計約6200万円を詐取した疑いと、大阪・豊中市に開学予定だった小学校の建設にあたって、費用の異なる複数の契約書を作成し、国の補助金約5600万円を不正受給した疑いが持たれていた。