ご当地に行かないと入手できない マンホールカードの魅力とは

「マンホールカード」がブームの兆し 大阪城、ねぶた、瀬戸内のレモンなど

記事まとめ

  • マンホールのデザインは1万2000種類ほどあるとされ、城郭や景勝地などご当地ものも
  • 手のひらサイズのカードにデザインした「マンホールカード」が流行の兆しを見せている
  • カードは無料だが現地に行かなければ入手できず、独特のデザインはSNSでも好評という

ご当地に行かないと入手できない マンホールカードの魅力とは

ご当地に行かないと入手できない マンホールカードの魅力とは

ご当地に行かないと入手できない マンホールカードの魅力とはの画像

道を歩いているとハッと目を引くマンホールを見かけることがある。マンホールのデザインは全国に1万2000種類ほどあるとされ、城郭や景勝地、有名な食べ物など「ご当地もの」を丁寧に描いた凝ったものも少なくない。

そんな数々のマンホールを手のひらサイズのカードにデザインした「マンホールカード」がブームの兆しを見せている。カード制作担当の山田秀人さんは、J-CASTニュースの取材に「これだけ反響が大きくなるとはまったく予想していませんでした」と話す。

大阪城、ねぶた、瀬戸内のレモンなど

マンホールカードは、下水道関連企業や国土交通省などが官民協力でつくるPR団体「下水道広報プラットホーム」(GKP)が企画し、2017年8月1日に52種類が新たに発行された。カードにはマンホールのデザインと、そのマンホールが設置されている自治体名も書かれている。新たに発行したものには、たとえばサッカーJ1・鹿島アントラーズのエンブレム(茨城県鹿嶋市)、大阪城(大阪市)、ねぶた(青森市)、レモン(岡山県瀬戸内市)など、地域を象徴するものが描かれている。

カードは無料だが現地に行かなければ入手できない(詳しい配布場所はGKPウェブサイトに掲載)。独特のデザインはSNSでも好評のようで、インスタグラムでは「#マンホールカード」と検索すると1日時点で2800件以上ヒットする。カードを持って実際にマンホールの場所に赴き、その両方を1枚に収めた写真が数多く投稿され、ブーム化の兆しを見せている。

カードが生まれたのは2016年4月。自治体からの申請をもとにGKPが制作する形をとり、4か月に1回のペースで新シリーズを発行、今回が第5弾となる。GKPのデータによると発行枚数は、第1弾(16年4月)が10万枚、第2弾(16年8月)15万枚、第3弾(16年12月)15万枚、第4弾(17年4月)20万枚、第5弾(17年8月)30万枚。バリエーションは開始当初の28自治体30種類から、8月に191自治体222種類に到達し、着実に増加を続けている。

GKPでマンホールカードのプロジェクトリーダーをつとめる山田秀人さん(42)は1日、J-CASTニュースの取材に対し、同カードには「下水道広報用のパンフレット」と同時に「コレクションカード」という収集の要素があると話す。

「#マンホール」検索で15万件ヒット

マンホールの多種多様なデザインにはかねてから愛好家がおり、SNS時代の昨今は写真に撮ってアップロードするユーザーも数多い。インスタグラムでは「#マンホール」の検索で15万件以上ヒットし、ご当地ものを収めた写真が大量に見つかる。

「ご当地マンホールは観光として土地を訪れた記念になります。それをカード化することで、ペナントと同じような感覚で、物として手元に置いておける楽しみができます。実際、カード発行枚数全体の約6割はその都道府県外の人に配布されています」(山田さん)

誕生の経緯として「もともとは下水道をPRし、興味関心を持ってもらうために企画したものでした」と明かす。

「汚いというイメージが先行する下水ですが、下水が止まれば当たり前と思っている生活はできなくなります。その大事さを知ってもらい、下水道の管理や事業への理解を得ようとしたのですが、真面目に下水の説明をしても聞いてもらえません。そこで生活に身近なマンホールを活用して興味をもつきっかけにしてもらおうと考えました」(同)

ただ「これほどの反響が出るとは予想していませんでした。参加自治体や発行枚数は5年くらいを見込んでいた数字に1年半足らずで到達しました」と驚いている。その理由を「近年の地方活性化の流れや、外国人観光客も大都市だけでなく地方都市へ訪れるようになりつつある流れ、そういった地方の魅力を向上しようという時勢にマッチしたのではないかと考えています」と分析。その上で「多くの人に末永く楽しんでもらえれば嬉しい限りです」と話していた。