中国・九寨溝でM7地震 13人死亡

中国地震局によると、2017年8月8日21時19分ごろ(現地時間)、四川省アバチベット族・チャン族自治州九寨溝県でマグニチュード(M)7.0の強い地震が発生した。同省政府は9日朝までに観光客を含む13人が死亡、175人がけがをしたと発表した。

同県の九寨溝は自然景観の美しい湖沼地帯として知られ、ユネスコの世界自然遺産に登録されており、観光地としても人気が高い。四川省地震局は、地震の影響で100人余りの観光客が孤立しているとしており、被害が拡大する可能性もある。