投手を見ると心が浄化、サッカーではこうならない 「もしドラ」岩崎夏海の「記事」が大炎上

投手を見ると心が浄化、サッカーではこうならない 「もしドラ」岩崎夏海の「記事」が大炎上

投手を見ると心が浄化、サッカーではこうならない 「もしドラ」岩崎夏海の「記事」が大炎上の画像

「この記事が原因で脅迫メールが来ました」とツイートしたのは、著書「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(通称「もしドラ」)で知られる作家・岩崎夏海氏。

高校野球に関して毎日新聞の取材を受けたところ、その記事で、サッカーをおとしめた、ととられたのか大炎上。「毎日新聞には削除依頼をしました」とも述べたのだが...。

「サッカーを引きあいに出さないと気が済まない...」

岩崎氏が問題視したのは、毎日新聞ウェブ版に2017年8月8日付で掲載された「甲子園 古き良き時代の天然記念物? 高校野球の人気復活」という記事。夏の甲子園の観客数の推移をもとに、サッカーに押されていた高校野球の人気が近年復調しているとする内容だ。その中で、「高校野球の魅力は何か」という問いに対する岩崎氏のコメントとして、以下のように記載されている。

「炎天下で投げ続ける投手を見ると心が浄化され、勇気をもらう。投手のような存在がいないサッカーでは、こうはなりません」

インターネット掲示板では、このコメントがサッカーを不当におとしめて野球を持ち上げていると受け取られたようで、

「サッカーを引きあいに出さないと気が済まない哀れな野球人達」
「結局野球は負けてないと声を出さないとサッカーに抜かれてるという意識があるんだろうなwサッカー敵視するのは」
「頭イカれてるな 典型的な焼き豚(編注:野球ファンの蔑称)」

と非難が殺到する事態に発展した。

岩崎氏が「異変」に気付いたのは9日未明。「平穏に眠りにつこうとしていたらいきなり公開しているメールアドレスに脅迫まがいのメールが来た」とツイッターに投稿し、「何かと思って調べてみると、先日毎日新聞の取材に答えたのがネットに載ったらしい。それがまた一部分を切り取られて炎上の材料にされている」と続けた。

「誤解を招くように書かれていたので、本当はどう言ったかを書きました」

その後、ツイートは30を超える連投に及んだ。毎日新聞の取材については「なぜ高校野球が人気かと聞かれて社会学的に分析したことを話したまで」であったとし、「そもそも魅力を語ってない」「同じようにサッカーの人気だって社会学的に考察できる。どちらが好きでどちらが嫌いなどということはない」などと説明。「発言を曲解」されたことや、「理不尽すぎる。誰か助けてほしい」と悲鳴めいたものまであった。

さらに、真意を説明しようとブログのURLを投稿。「なぜ今、甲子園人気が再燃しているか?」に対して実際に話したという内容を詳述している。

ブログではまず、高校野球の人気の秘密は「祭り性」にあるとし、「祭り」には「人々を元気にするという社会的な役割」があるとしている。

こうした考えのもとに、岩崎氏は

「甲子園は炎天下のもと、衆目を集める中でピッチャーが、体力的にも心理的にも酷使される。これは、祭りの構造とそっくりだ。高校野球においては、ピッチャーが祭りにおける犠牲の役割を担っているのである。それが人気の本質的な理由なのだ」

と、野球が投手に注目が集まることをあげ、他のスポーツとは違うとしている。

「これは、サッカーをはじめとする他のスポーツとは全然違う。野球以外に、これほど一人の人物にスポットが当たるような構造のスポーツはなかなか見当たらない。バッター以上にピッチャーに注目が集まるという構造は、1対1のスポーツとさえ全く違う」「削除依頼」について、毎日新聞社の回答は...

岩崎氏は「この話は難しい話でもあるので、誤解される危険性は大きい」と認め、新聞の紙幅には大きな制限があるのも承知しているとする。それでも「炎上し、誤解を受けたままではとてもつらい」ため、この「釈明」をブログに書いたという。

ブログを読んだツイッターユーザーからは「岩崎さん、お気の毒でした...」と同情する声が多くあがったが、一部には「岩崎氏の発言通りだったとしても高校野球の人気の源泉が投手の自己犠牲が大きな要因だとしたらやはり理解不能」との意見もあった。

また岩崎氏は9日未明の一連のツイートの中で、「毎日新聞には削除依頼をしました」とも投稿。J-CASTニュースが毎日新聞社に取材したところ、同社広報からは

「岩崎氏とお話をした結果、記事の削除は求めないとのことでした」

との回答が戻ってきた。