全日空機の緊急着陸で「御巣鷹」思い出す人続出 日航機事故と同じ羽田発、18時発、さらに...

全日空機の緊急着陸と「日航ジャンボ機墜落事故」との“共通点”にネット騒然

記事まとめ

  • 12日、羽田発伊丹行きの全日空37便が見舞われた緊急着陸で、ネット上がざわついている
  • 「日航ジャンボ機墜落事故」と同じ日で、羽田出発の伊丹行き、出発時間も同じ18時発
  • ネットでは「偶然にしても怖すぎる」「ガチで背筋凍った」などの声が上がった

全日空機の緊急着陸で「御巣鷹」思い出す人続出 日航機事故と同じ羽田発、18時発、さらに...

全日空機の緊急着陸で「御巣鷹」思い出す人続出 日航機事故と同じ羽田発、18時発、さらに...

全日空機の緊急着陸で「御巣鷹」思い出す人続出 日航機事故と同じ羽田発、18時発、さらに...の画像

「偶然にしても怖すぎる」「オカルト系信じたくないけどガチで背筋凍った」――2017年8月12日、羽田発伊丹行きの全日空(ANA)37便が見舞われた「緊急着陸」騒ぎをめぐり、ネット上がざわついている。

というのも、8月12日は1985年の「日航ジャンボ機墜落事故」が起こった日だったからだ。ほかにも複数の共通点があり、「偶然の一致」に驚きが広がった。

トラブルが発生した地点も近い

ANA37便は12日18時に東京・羽田空港を出発し、19時10分に大阪・伊丹空港に到着する予定だった。

各社の報道を総合すると、異変が起こったのは18時30分ごろ、伊豆大島上空をフライト中のことだったという。機内の気圧システムに異常が発生したため、機長は羽田に引き返すことを決断、51分ごろに無事、緊急着陸したという。搭乗客のツイートからは、酸素マスクが用意され、機内には異様な臭いが漂うなど、緊迫した状況だったことがうかがえる。けが人などの情報は入っていない。

普段なら、単なる飛行機トラブルで片付けられそうな今回の「緊急着陸」だが、人々の背筋を冷たくしたのは、「日航ジャンボ機墜落事故」との共通点の数々だ。

まず、8月12日はまさに32年前、日航123便が御巣鷹の尾根に墜落したその日である。ニュースなどでも、遺族らが事故現場へ慰霊に訪れる姿が、繰り返し報じられていたそのさなかだ。

また32年前、日航123便が出発したのも同じ羽田空港であり、目的地もやはり伊丹空港。出発時間も同じ18時。トラブルが起こったのも伊豆大島周辺で、18時24分のことだった。なお、日航123便は羽田への帰還を目指した末に、18時56分に墜落している。

「あんまりオカルト的な事は言いたくないけど...」

偶然、と言ってしまえばそれまでだが、これらの「奇妙な符合」に、ツイッターでは、

「偶然にしても怖すぎる。全日空のパイロットも123便のこと頭によぎっただろうな」
「あんまりオカルト的な事は言いたくないけど、JAL123便と同じ日、同じ時間、同じ行き先のANA機に深刻なトラブルが起きるなんて、色々感じるものがあるなぁ...」
「あの日の犠牲者の皆様が守ってくれたように思う。っていうか、そう思いたい。本当に全員無事で良かった」
「あまりスピリチュアルに傾きたくはないけれど、でも、忘れるな、という警告なのかもなあ」

など、さまざまな角度から32年前の事故に思いをはせる声が書き込まれている。

なお、2017年は日航機事故犠牲者の33回忌に当たる。33回忌は仏教で「弔い上げ(問い上げ)」といわれ、年忌法要の区切りとされることも多い。