「JFKファイル」公開へ トランプ大統領がツイッターで方針

JFK暗殺巡る機密資料公開へ

米国のトランプ大統領は、これまで機密情報として非公開だったジョン・F・ケネディ元大統領暗殺事件に関する資料について、公開を許可する方針を2017年10月21日(米東部藤間)、自身のツイッターで明らかにした。

「さらに受け取る情報次第だが、私は大統領として、長い間機密扱いされていた『JFKファイル』(ケネディ元大統領暗殺事件の資料)の公開を許可するつもりだ」

ケネディ元大統領は、1963年にテキサス州ダラスでのパレード中にオズワルド容疑者に狙撃されて死亡した。その後、容疑者が射殺されたこともあり、事件の真相を巡って様々な説が飛び交っている。

ケネディ元大統領の暗殺事件に関する機密文書は、1992年に成立した法律により25年以内に公開されることが決まっており、大統領が是非を判断する期限が10月26日に迫っている。