「それを小池氏がぶち壊した」 カーティス名誉教授が衆院選を分析

「それを小池氏がぶち壊した」 カーティス名誉教授が衆院選を分析

「それを小池氏がぶち壊した」 カーティス名誉教授が衆院選を分析の画像

衆院選の投開票から一夜明けた2017年10月23日、日本政治を専門とする米コロンビア大学のジェラルド・カーティス名誉教授が東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。自民党の大勝は野党の分断が原因で、その背景には希望の党の小池百合子代表による「排除します」発言があったと指摘した。

衆院で野党第1党に躍り出た立憲民主党に対しても、安全保障政策を理由に「彼らが権力を握れば日米関係には危機が訪れる」と厳しい評価だ。無所属で出馬し当選した、民進党出身の「大物議員」を取り込める程度に政策の幅を広げなければ、主要政党としての躍進は望めないとみている。枝野幸男代表が「永田町のゲームに参加するつもりはない」などと述べていることについては「全く無意味。自滅行為」と切り捨てた。

野党共闘なら安倍首相が辞任の可能性あった

カーティス氏は小池氏の「排除」発言を

「もし野党が共闘していれば、多数派にはなれないにしても、自民党から40〜60議席は奪える可能性があった。もしそうなっていれば、安倍晋三首相は辞任を余儀なくされただろう。それを小池氏がぶち壊した」

などと批判した上で、「注視すべきグループ」として、無所属で出馬して当選した野田佳彦前首相、岡田克也元外相、安住淳元財務相、玄葉光一郎元外相ら、民進党出身の大物議員の名前を挙げ、これらの議員は

「ほとんどひとつで、なんらかの左派の団体を作るだろう」

と指摘した。ここに名前が挙がった議員は立憲民主と統一会派を模索しているとされるが、カーティス氏は立憲民主の側に解決すべき問題があるとみている。

「立憲民主党が新団体の核になるにあたって大きな問題は安全保障」

だとして、枝野氏や他のキーとなるリーダーは「左派」で、

「彼らが権力を握れば日米関係には危機が訪れる」
「立憲民主党がすでに成立した安保法制撤回にこだわり、集団的自衛権を拒否している限り、(立憲民主が)自民党に太刀打ちできる政党の核になっている姿を想像できない」

と悲観的な見方を示した。その上で、

「無所属を取り込んで拡大する方法が見つからなければ、明るい未来はないだろう」

と述べ、民進党の「大物議員」を取り込む努力を促した。

「聞こえはいいが完全に無意味。現実的でなく自滅行為」

枝野氏は10月23日夜の記者会見で

「永田町の権力ゲーム、数合わせに巻き込まれてはいけない」

と述べ、選挙期間中の演説でも

「永田町のゲームに参加するつもりはない」

などと発言していた。

カーティス氏はこれらの発言を

「聞こえはいいが完全に無意味。現実的でなく自滅行為。戦わなければ勝てない」

と切り捨て、「永田町のパワーゲーム」に勝つことの重要性を強調した。