民進党新代表 無投票で大塚耕平参院議員に決まる

民進党は前原誠司代表の辞任を受け、2017年10月31日、大塚耕平参院議員が新代表に就任することになった。民進党は代表選の立候補を正午から13時にかけて受け付けたが、大塚氏以外の届け出がなかったためだ。

15時から行われる両院議員総会で正式に大塚氏を代表に選出する。大塚氏は日銀を経て01年の参院選で当時の民主党から出馬して愛知県選挙区で初当選。民主党政権では内閣府副大臣や厚生労働副大臣を歴任し、現在は当選3回。