野口聡一さん、3度目の宇宙へ 2019年末から半年間

宇宙飛行士の野口聡一さん(52)が、2019年に3度目の宇宙飛行へ旅立つ。17年11月9日に本人が会見を開き、「体調を整えて、50代での宇宙挑戦に臨みたい」との意気込みを語った。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の発表によると、野口さんは2019年末頃から約半年間、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する。主な任務として、「きぼう」などISSの各施設の維持・保全や化学実験、ロボットアームの操作などが挙げられている。今月末から、長期滞在に必要な訓練を開始する予定。