「飲むショートケーキ」、一体どんな味? 実際に飲むと「想像以上に...」

ダイドードリンコ「ふって飲む甘美なショートケーキ」を発売 開発の苦労を明かす

記事まとめ

  • ダイドードリンコが「ふって飲む甘美なショートケーキ」をacure自販機で限定発売する
  • 中身はゼリー状で、5回程度強めに振ると飲むことが出来る
  • ケーキのような食感の再現や、味のバランスに苦労したと担当者は語った

「飲むショートケーキ」、一体どんな味? 実際に飲むと「想像以上に...」

「飲むショートケーキ」、一体どんな味? 実際に飲むと「想像以上に...」

「飲むショートケーキ」、一体どんな味? 実際に飲むと「想像以上に...」の画像

ダイドードリンコ(大阪市)が、2017年11月28日から「コクGrand time ふって飲む甘美なショートケーキ」をJR東日本などの駅内にあるacureの自販機で限定発売する。

「飲むショートケーキ」とは奇抜な商品だが、一体どんな商品なのだろうか。J-CASTニュース編集部の記者が、実際に飲んでみた。

思いのほか甘さ控えめ

「コクGrand time ふって飲む甘美なショートケーキ」は、ショートケーキのスポンジの香りなどを再現し、福岡県産のいちご「あまおう」のエキスと北海道産の生クリームを使用。ショートケーキのような味わいが手軽に飲料で楽しめるとしている。コールド専用で、価格は税込160円。165gボトル缶で発売される。「コクGrand time」はダイドーのデザート飲料ブランドだ。

一体、どんな味なのだろうか。発売前だがサンプルを提供してもらい、J-CASTニュース編集部の記者が実際に飲んでみた。

中身はゼリー状で、5回程度強めに振ると飲むことが出来る。従来のゼリー状の飲料に比べて、若干固めに思える。

口に入れると、まず苺の甘い味が一気に広がり、そのあとにクリームの味がする。飲み込むときはカスタードのような香りが鼻に抜けていった。実際に飲む前までは「ショートケーキ」のイメージが強く、もっと味がこってりとしているのでは、と思っていたが、想像以上に甘さは控えめ。後味もさっぱりとしており、飲料用にアレンジされていることがうかがえる。

食感と味の再現に苦労

なぜこのような商品を作ったのか。2017年11月17日のJR東日本ウォータービジネスの担当者の話によると、現在スイーツ系の飲み物や、ポタージュなどと言った「小腹を満たす」ための飲料に勢いがあるという。

そこで調査をしたところ、人気が高いとわかったショートケーキに目をつけたと、ダイドーの消費開発担当者は同日に語った。加えて「他社にない特徴的な商品で差別化を図る狙いもある」としたうえで、開発の苦労を以下のように述べた。

「1点目はケーキのような食感を再現するために必要な固さと飲みやすさのバランス、2点目は苺と生クリームとスポンジの味わいをケーキで再現するためのバランスです。ケーキでは、一つ一つのパーツを別々に食べますが、飲料だとそうはいきません。ただ素材を混ぜるだけでは素材の味をダメにしてしまうので、試作を重ねました」

容器もふたができるものであるため、5回振った時の、大きなゼリーが口に入ってくる飲みごたえのあるものから、20回程度振った時の、普通の飲みもののようなものまで、口当たりは様々だ。一切振らずにスプーンですくって、ゼリー状の「食べ物」として口にすることもできるため、1つの商品で多様な食感を楽しめるのも面白さの1つだという。