金正恩「核武力完成」を宣言 米専門家「米全土に届く」 が、核弾頭搭載、再突入技術は未だ?

金正恩「核武力完成」を宣言 米専門家「米全土に届く」 が、核弾頭搭載、再突入技術は未だ?

金正恩「核武力完成」を宣言 米専門家「米全土に届く」 が、核弾頭搭載、再突入技術は未だ?の画像

北朝鮮が新型弾道ミサイル「火星15」型の発射成功を発表した2017年11月29日の声明では、米国本土全域が攻撃可能だと主張し、朝鮮労働党の金正恩委員長が「国の核武力完成」を宣言した。

これまでに北朝鮮が発射したミサイルでは最も高い高度を記録したことからすれば、飛距離という点では北朝鮮の主張は正しい可能性もある。ただし、核弾頭を積んで攻撃する能力については懐疑的な声もあり、本当に「核武力完成」するまでには時間がかかる可能性もある。

「通常軌道で発射されたとしたら、ミサイルの射程は1万3000キロ以上」

国営朝鮮中央テレビで読み上げられた声明によると、発射を見守った正恩氏は、

「今日初めて国の核武力完成の歴史的大業、ロケット大国偉業が実現されたと誇りの高さを宣言した」

という。発表によると、「火星15」は4475キロまで上昇し950キロ飛行したといい、17年7月に発射したICBM「火星14」よりも高度は大幅に伸びている。そのため、米国の政策研究機関「憂慮する科学者同盟」の世界安全保障プログラム共同ディレクターのデービッド・ライト氏はブログで、

「これら(飛距離と高度)が正しく、もしロフテッド軌道ではなく通常軌道で発射されたとしたら、ミサイルの射程は1万3000キロ以上だろう」

として、

「ワシントンDCや、実際に米国全土に届くのに十分だ」

と分析。ただし、弾頭を積めるかについては

「ミサイルがどの程度の重さを積めるかは分からないが、飛距離が長くなっていることからすれば、非常に軽い模擬弾頭を積んだのだろう。もしそうであれば、より重い核弾頭を長距離にわたって運ぶのは不可能だろう」

などとして懐疑的だ。

再突入の技術は?

重さの問題に加えて、ICBMをはじめとする弾道ミサイルの技術的な関門は、再突入時の高熱から弾頭を保護することだとされている。「火星14」発射を伝える朝鮮中央通信の記事の中で、

「再突入の際、数千度の高温、高負荷と振動にさらされたが、弾頭の先頭部の温度は25〜45度に維持され、核弾頭爆発制御装置も正常に動作した」

とアピールしているが、実際に北朝鮮が再突入技術を確立しているかどうかは明らかではない。

北朝鮮はテロ支援国家に再指定した米国への批判を強める一方で、現時点では核の先制攻撃には否定的だ。11月28日、朝鮮中央通信は外務省米国研究所の

「最近、米国と西側の一部政策研究機関と言論が、われわれのいわゆる『無慈悲な核攻撃計画』なるものを公開して、われわれが民間対象と軍事対象を選ばず、米国とアジア国に対する無差別な『核攻撃を加えようと』しているという途方もない主張を流している」

などとする談話を配信している。