上皇后さま、早期の乳がん 「ご快癒をお祈り致します」...ツイートも相次ぐ

上皇后さま、早期の乳がんで近く手術へ Twitterでは手術の成功願う声が相次ぐ

記事まとめ

  • 宮内庁は、上皇后さまが比較的早期の乳がんと診断されたことを発表した
  • 上皇后さまは6月に、左右両目の白内障で手術を受けられている
  • 今回の発表をうけTwitterには「ご快癒をお祈り致します」といった声が寄せられている

上皇后さま、早期の乳がん 「ご快癒をお祈り致します」...ツイートも相次ぐ

上皇后さま、早期の乳がん 「ご快癒をお祈り致します」...ツイートも相次ぐ

上皇后さま、早期の乳がん 「ご快癒をお祈り致します」...ツイートも相次ぐの画像

宮内庁は、上皇后さま(84)が比較的早期の乳がんと診断されたと発表した。近く手術を受けられる予定。2019年8月9日夕、各メディアが速報した。

ツイッターには、心配したり手術の成功を願ったりする声が多く寄せられている。

6月には白内障の手術

上皇后さまは、6月に左右両目の白内障の手術を受けられていた。また、7月16日の宮内庁発表では、定期検診の結果、上皇后さまは、一部再検査が必要と指摘されたことを明らかにしていた。

5月1日の新天皇陛下即位と「令和」への改元にともない、上皇さまと上皇后さまは公務を離れられ、6月中旬には皇室行事の一つとして、上皇さまの退位後、初めて地方(京都市)を訪れ、孝明天皇陵と明治天皇陵にそれぞれ退位の報告をされていた。

今回の発表と報道を受け、ツイッターには

「心配です」
「ご快癒をお祈り致します」
「必ず(手術は)成功します」

などの声が寄せられている。