「Japanese Typhoon Survival」 鴨川市の病院が公開した、外国人向け台風ガイドの中身

「Japanese Typhoon Survival」 鴨川市の病院が公開した、外国人向け台風ガイドの中身

「Japanese Typhoon Survival」 鴨川市の病院が公開した、外国人向け台風ガイドの中身の画像

週末に日本列島を直撃すると予想されている台風19号。こうした中、千葉県鴨川市の亀田総合病院は、地域に住む外国人向けに英語などで注意を促すガイド「日本の台風サバイバル(Japanese Typhoon Survival)」を作成した。

ガイドは、同病院のツイッター上で確認できる。作成に携わった同病院広報企画室の担当者は2019年10月9日、J-CASTニュースの取材に「Stay safe(ご無事で)」と呼び掛ける。

「物干しざお」や「雨戸」などもわかりやすく解説

広報企画室の担当者によると、ガイド作成のきっかけは、千葉県内での台風15号による影響を報じた、朝日新聞(9月18日)の記事「台風に外国人も困惑 雨戸知らず、瓦がガラス破り部屋に」。記事によると、雨戸の使い方を知らず、被害を受けた外国人がいた。JR安房鴨川駅近くに住む中国人の留学生によると、「雨戸は中国にはなく、何のためにあるのかわからなかった。本当に怖かった」という。

当該記事などを受け、病院では英語や日本語を活用したガイドを作成。10月7日に完成版が仕上がった。ガイドの完成版は、10月8日午前8時ごろ、ツイッター上(亀田総合病院(ちっとばあり公式)@kmc_pr)で公開した。

外国人にもわかりやすく伝わるよう単語の説明も記載している。例えば、「物干しざお(Monohoshi-zao)」なら「laundry poles」、「雨戸(Amado)」なら「Sliding shutters」、「おくすり手帳(Okusuri-techo)」なら「medication history handbook」と言葉も入れている。

こうした単語の説明とともに、ガイドでは、

Secure Monohoshi-zao(laundry poles)or bring them inside to prevent them from breaking your windows 物干しざおが窓を壊さないように固定・もしくは室内に
Close your Amado(sliding shutter used to cover your windows), Amados will protect your window from flying objects breaking your window. If you do not know if you have an Amado installed , ask your landlord or neighbors. 雨戸を閉めて飛んでくるものなどに備える
At least 3 days of food and drinking water 最低3日分の飲み水と食料
Okusuri-techo(medication history handbook) if you have one. EMRs do not work during a blackout おくすり手帳、電子カルテが使えないときに便利
Filling up your bathtub Many Japanese fill up their bathtub before the typhoon in case of water outage. The water can be used to flush toilets, wash hands, wash cloths or dishes etc. お風呂に水をはっておく 日本人の多くは断水に備えてお風呂に水をためておきます。水はトイレを流したり、洗濯や食器を洗うのに使えます。

など、台風に備えた注意点やアドバイスをまとめた。

広報企画室の担当者は9日、J-CASTニュースの取材に「経験から生きたものをまとめた」と語った。また、「亀田総合病院では英語をしゃべれる医師や、バイリンガルスタッフもおります。もし医療のことなどでお困りのことがありましたら、どうぞ気軽にご相談頂ければ」と呼び掛けていた。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)