台風の日も「メイドカフェ開店」 夕・夜は「避難所として無料開放」した所も

台風の日も「メイドカフェ開店」 夕・夜は「避難所として無料開放」した所も

台風の日も「メイドカフェ開店」 夕・夜は「避難所として無料開放」した所もの画像

台風19号が関東に最接近し、大荒れの天気が東京を襲った2019年10月12日、「ゴーストタウン」となった秋葉原で、雨の中いつも通りビラ配りなどを行っていたメイドカフェがあった。彼女たちが風雨の中、店に集結した理由は―。

秋葉原の通りにメイド姿の女性

10月12日の東京都心は鉄道の計画運休とほとんどの小売店の休業で、人出のほとんど無いゴーストタウンになっていた。秋葉原でも同様の光景だったが、強い雨と風の中でも、秋葉原の中央通りには数は少ないながらもメイド姿の女性がビラ配りをしていた。

その写真がツイッターに投稿されると、「台風の中でも出勤して客引きさせるなんてブラックだ」という反応もあったが、これは避難できる場所として店内に人を呼び込んでいるところだったというのだ。

ツイッターでの発信から、秋葉原のメイドカフェの中で、12日も営業していたことを確認できたのは「めいどりーみん」「ハートオブハーツ」「はいどあんどしーく」「クイーンズコート」の4店。特に「めいどりーみん」とハートオブハーツは、営業中であることを積極的にツイートし、さらに台風が接近する夜間には、メイドカフェではなく避難所として使えることもツイートしていた。

店は7階、電源食糧も完備

J-CASTニュースが15日、ハートオブハーツに12日も営業を敢行した理由を聞いた。大きな理由は、務めるスタッフ(メイド)たち本人が店の方が安全と考えたためだった。都内で1人暮らしをしているメイドもおり、秋葉原のビルの7階にある店の方が自宅よりリスクが低いと考えて、安全確保を最優先として店に集まれるメイドだけで12時から営業を始めたという。秋葉原は前述の通りゴーストタウンだったが、それでも行き場をなくして困っている人を店に迎えることができた。雨の中客引きをしている写真はこの時間に撮られたものとのことである。「決して無謀な開店ではなく、リスクを考慮した上で店に集まった方がいいと判断しました」という。

14時30分頃にはメイドカフェとしての営業を終えたが、店には食糧も電源もあって安全なので、「エンターテイナーとして皆さんが楽しめることをしたい」と考え、引き続き秋葉原に来ている人を避難させ、「SHOWROOM」での映像配信などで、客や自宅にいるファンを楽しめる活動も行いつつ、夜の22時まで店を無料開放していた。

12日夜には秋葉原周辺の鉄道は全て運休していたが、店にいた客にはホテルを一緒に探すなど、全員の安全を確保した上でメイドと客は22時までに全員店を離れたと取材に答えた。

一方で、「普段通り」を貫いた店もある。はいどあんどしーくでは10月12日がメイドの「めありー」さんの誕生日とのことで、12日当日に生誕祭イベントを敢行していた。店のツイッターによると、昼12時頃から「勇者様(はいどあんどしーくにおける客の通称)がいなくなるまで」という条件で、めありーさんの生誕祭を開催したとのことである。