台風19号接近時、見慣れぬJAL便がハワイへ... 航空機の「避難先」に注目集まる

台風19号の接近時に見慣れないJAL便がハワイへ 航空機の「避難先」に注目が集まる

記事まとめ

  • 台風19号により航空便は大量の欠航を出したが多くの飛行機が首都圏以外に「避難」した
  • 日本航空は飛行機の「避難先」のひとつとしてハワイを選んだことが話題になった
  • JALは見慣れない便名の4機について、「台風を避けるための避難でもある」と説明した

台風19号接近時、見慣れぬJAL便がハワイへ... 航空機の「避難先」に注目集まる

台風19号接近時、見慣れぬJAL便がハワイへ... 航空機の「避難先」に注目集まる

台風19号接近時、見慣れぬJAL便がハワイへ... 航空機の「避難先」に注目集まるの画像

東日本に大きな被害をもたらした台風19号は、台風が通過した後も交通網に大きなダメージを残した。北陸新幹線では、30編成ある車両のうち10編成が浸水。不通になっている長野(長野市)〜上越妙高間の再開後も、運行本数が間引かれることになりそうだ。

対照的なのが空路だ。台風の前後こそ大量の欠航を出したものの、多くの飛行機が首都圏以外に「避難」。難を逃れたうえ、臨時便を運航して「足止め」された人の足になったりもしている。中でも注目を集めたのは、多くの飛行機がハワイに向かう画像だ。日本航空は飛行機の「避難先」のひとつとしてハワイを選んだことが話題になった。

「JL8782」「JL8784」「JL8786」「JL8788」って何者?

ツイッター上では、10月12日未明の太平洋の様子をとらえた「フライトレーダー24」(ウェブサービス)の画像が拡散されて話題になった。台風19号が首都圏を直撃する20時間ほど前のことだ。「フライトレーダー24」は、航空機の位置を表示する機能があり、話題になった画像では、日本からハワイに向かう飛行機の列がくっきりと分かる。特に目立つのが日本航空(JAL)機で、ネット上では「これ、みんな逃げてるの?」といった声があがった。

JALの場合、日本(成田、関西、中部)とハワイ(ホノルル、コナ)を結ぶ便は1日7往復している。これに加えて、10月12日未明には「JL8782」「JL8784」「JL8786」「JL8788」といった見慣れない便名が4つ登場。この日は11便が日本からハワイに向かったことになる。

JALは台風による欠航でハワイから出られなくなった人のために、ハワイから日本への臨時便を10月12日に計3便(成田2便、中部1便)、13日〜16日に1便(成田)ずつ運航しており、見慣れない便名の4機について

「台風を避けるための避難でもあり、ホノルル発の便を運航させるためのフェリー便でもあります」

と説明している。

国内の「避難先」については

「新千歳空港をはじめとする北海道地区や関西、中国、九州の様々な空港等です」

としている。

ANAのA380はハワイで台風過ぎるの待つ

一方、全日空(ANA)は、19年夏に超大型旅客機のエアバスA380型機をハワイ線に導入したことが話題になったばかりだ。3機発注しているうち、すでに2機が運航されている。この2機は10月12日未明から早朝にかけてホノルルに到着し、台風通過後に成田に戻った。そのうち初号機の「JA381A」は、10月14日に臨時便として成田-ホノルルを往復。それ以外にもボーイング787型機による臨時便1便がホノルルから成田まで運航された。「避難先」については、

「羽田から20機程度、成田から15機ほどが避難しました。避難先として一番多いのが関西や新千歳でそれぞれ15機ほど避難しています」(広報部)

と説明。ただ、大型機を福岡に避難させるために、福岡に駐機している小型機を地方に「玉突き」で避難させたケースもあり、一概に「台風で何機」とは説明しにくい、ともしている。

これ以外にも、両社は羽田-富山線(ANA)、小松線(JAL、ANA)で臨時便を出したり大きいサイズの機材に切り替えたりしている。北陸新幹線の不通を受けた対応だ。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)