閣僚辞任に「身の丈」発言... 政府対応は「素早い火消し」か「長期政権の緩み」か

閣僚辞任に「身の丈」発言... 政府対応は「素早い火消し」か「長期政権の緩み」か

閣僚辞任に「身の丈」発言... 政府対応は「素早い火消し」か「長期政権の緩み」かの画像

閣僚の辞任ドミノ警戒――1週間で2閣僚が辞任する異常事態をうけ、こんな見出しが新聞に躍る中、今度は「身の丈」発言の炎上余波で批判が高まっていた、大学入試での英語民間試験の活用について、直前に迫っていた導入の見送りが発表された。

2閣僚の辞任と今回の延期、いずれも問題の発覚・炎上からあまり時間をあけないタイミングでのスピード決着を目指す対応となった。国会での野党からの攻撃を封じる「素早い機動力」の賜物なのか、「長期政権の緩み」(日経新聞)の影響による「粘り腰に欠ける安易な対応」なのか。

「身の丈」発言への批判

「身の丈」発言の主、萩生田光一・文科相は2019年11月1日、大学入学共通テストで英語民間試験を活用する問題で、予定されていた20年度からの実施(19年11月1日から、受験に必要な共通IDの申し込み開始)を見送り、抜本的見直しをしたうえで24年度からの導入を目指すことを発表した。当初は予定通り実施する姿勢を示していた。

萩生田文科相がBSフジ番組で「身の丈」発言を行ったのは19年10月24日(木曜)夜。週が明けて月曜28日には記者団の前で発言を謝罪、30日には衆院文科委員会で謝罪した。この間、英語民間試験への批判も高まっていった。17年春に実施方針案が公表されてから2年以上が経ち、これまでにも一部で批判は出ていたが、「身の丈」発言を受けて一気にヒートアップしていた。

そして11月1日の実施見送り発表となった。当日の朝刊(東京最終版)では、読売新聞が1面トップで「政府は(10月)31日、(略)見送る方針を固めた」と特ダネで報じた(毎日は「延期へ調整」)。このスピード判断には、「受験生の混乱を避けるため」だけでなく、萩生田文科相への批判がこれ以上高まらないように、との思惑が含まれている可能性は十分にある。

同じ日の朝日新聞1面は河井克行法相が10月31日に辞任した記事。辞任は、妻の選挙事務所での公選法違反の疑いが週刊文春(31日発売)に報じられたことを受けたものだ。その1週間前の25日には、秘書が有権者に香典を配った問題で菅原一秀・経産相(当時)が辞任していた。

こうしたスピード決着を図ろうとする動きは、国会での野党からの追及を避ける思惑があるとみられる。

新聞に「ドミノ」の文字躍る

とはいえ、わずか1週間のうちに2閣僚が相次ぎ辞任するのは異例の事態だ。11月1日の新聞各紙の見出しには

「『辞任ドミノ』警戒」(日経)
「辞任ドミノ警戒」(毎日)
「揺らぐ政権基盤 閣僚辞任ドミノ再び」(産経)

と、「ドミノ」の文字が躍った。

そこに加えて、2年がかりで進めてきて手続きが始まる直前だった政策(英語民間試験導入)をあっさり見直し・延期とした。

11月1日朝刊の段階で、「長期政権の緩み深刻」(日経)、「側近重用 緩み露呈」(毎日)、「『政権の危機』を自覚せよ」(産経<社説にあたる>「主張」)と、厳しい指摘が並んでいた。今回の英語民間試験の導入延期には様々な側面があるものの、安倍晋三首相の側近として知られる萩生田文科相を「野党の攻撃から守る」意味合いに注目が集まれば、「長期政権の緩み」批判が高まる可能性もある。「スピード決着」の狙い通り「決着」できるかは未知数だ。