森田健作知事、台風翌日の「私的視察」を釈明 公用車で自宅へ...会見後も「疑問」相次ぐ

森田健作知事、台風翌日の「私的視察」を釈明 公用車で自宅へ...会見後も「疑問」相次ぐ

森田健作知事、台風翌日の「私的視察」を釈明 公用車で自宅へ...会見後も「疑問」相次ぐの画像

大きな被害をもたらした台風15号上陸の翌日、千葉県の森田健作知事は、自宅が心配で公舎がある千葉市から、数自治体をはさんだ芝山町へ自宅を見に行ったのか。しかも片道は公用車を使って移動して――

週刊文春報道などで浮かんだ数々の疑問点について、森田知事が定例会見で釈明を行ったが、これまでの議会などへの説明と異なるところも多く、疑念は深まる状態となっている。会見翌日のテレビのワイドショーでは、「苦しい弁明」(東国原英夫・元宮崎県知事「バイキング」)といった、あきれたようなコメントが相次いだ。疑念を持たれている状況について、森田知事はどう弁明したのか。あらためて会見内容や状況を振り返る。

なぜ自宅へ公用車で?

知事会見は2019年11月7日にあった。週刊文春の最新号(11月14日号)で「(台風15号直撃の翌日に)公用車で別荘」と報じられた件で質問を受けると「別荘ではなく自宅」と弁明したが、そもそも、これまでの説明では公用車での移動先は「富里市方面」とだけ明かしており、「自宅」や自宅がある「芝山町」という言葉は出ていなかった。台風15号の千葉上陸は9月9日だった。

位置関係を確認すると、富里市は、千葉市の(隣接しない)北東部にあり、知事の自宅がある芝山町の(隣接する)西部にあたる。

問題の9月10日午後の知事の移動に関する県側の従来の説明は、次のようなものだった。――知事は被災地を私的に視察するため、公用車で酒々井インターチェンジ(富里市の隣接西部にある酒々井町)を降りてコンビニエンスストア(の駐車場)に向かい、そこで知事の私有車に乗り換えて、富里市周辺を視察した――

11月7日の会見で、この件に関して記者から指摘された主な疑問点の一端は、(従来からの疑問も含め)次のようなものだ。

(1) なぜ、台風被害の対応に県庁などが追われている、直撃翌日の9月10日午後というタイミングで、特に大きな被害が確認されていた県南部ではなく、その段階では「人的・家屋の被害は報告されていない」(文春記事登場の「千葉県議」)、県東部にあたる「富里市方面」を「私的に」視察したのか?

(2) なぜ自宅へ公用車で?

(3) なぜ、乗り換え場所について、これまで「自宅」と説明してこなかった?なぜ公用車の運転日誌の「行き先・経由地」欄に「(千葉)市内」と誤った記載がされているのか?

(4) 知事は自宅が気になって県庁を離れたのではないか、と疑問を持つ県民もいそうだが、問題ないと考えるのか?

などなどだ。知事の回答は概ね次のようなものだった。

「問題ないというかね、それは...あの...」

まず(1)については、被害が大きかった県南部の情報は入ってきていたが、県東部は「どうなんだ」と気になった。場所選定には「時間的制約」も考慮に入れた。「私的に」としたのは、公的な視察と位置付けると、対応にあたって忙しい現地の自治体関係者の時間を取り、迷惑をかけかねないからだ。

また、東日本大震災(2011年)の際に、私有車で被災地を私的に視察し、とても参考になったという経験があり、これも背景にあるとも説明した。

次に(2)については、普段から「公私の別」をつけており、今回は「私的な」視察のため、私有車を手配しようと思ったが、連絡を取ると、

「(自分の車が)出払っていると。『どこに来れる?』と言ったら、芝山の自宅なら、その時間なら入れそうだと返事があった。じゃあ公用車で自宅行くから、そこで(車を)チェンジしようじゃないか」

という流れになった。

さらに(3)では、

「(以前に質問に答えた際には)『なぜ自宅に帰ったのか』という質問はなかったと記憶している」。行き先の誤記については、事務方が説明をして、事務方のミスだと謝罪した。

そして(4)への答えは、

「いや、私...あの...私...問題ないというかね、それは...あの...そうですね...このように、こういう風にやるのも、前にこういうこと(編注:東日本大震災の時の私的視察)やって有意義だったと。(聴き取り不能)やれば、(というのが)私の考え」

といった調子だった。

納得していなさそうな記者も少なくなかったが、会見は約42分で終了した。

J-CASTニュースが11月8日に千葉県秘書課に確認したところ、当該9月10日には、知事が県庁を(15時前に)出たあと、公務は入っておらず、県庁へも当日は戻ってこなかった。知事は、千葉市内の公舎に私有車で直帰したという。