鉄道部品売りに出したら...突如降りかかった「盗品疑惑」 業者は「潔白」訴え、JR北にも情報提供済

売り出された鉄道部品にJR北海道の盗品ではないかと指摘 業者と出品者は「潔白」主張

記事まとめ

  • 売り出された「車内放送装置」にJR北海道管内で起きた盗難事件の盗品ではないかと指摘
  • 鉄道部品・模型などを扱う販売業者は「調べてもらっていい」と潔白を主張した
  • 16年に起きた盗難事件では留萌駅に停車中の列車から車内放送に使う装置などが盗まれた

鉄道部品売りに出したら...突如降りかかった「盗品疑惑」 業者は「潔白」訴え、JR北にも情報提供済

鉄道部品売りに出したら...突如降りかかった「盗品疑惑」 業者は「潔白」訴え、JR北にも情報提供済

鉄道部品売りに出したら...突如降りかかった「盗品疑惑」 業者は「潔白」訴え、JR北にも情報提供済の画像

鉄道部品・模型などを扱う販売業者で売り出された「車内放送装置」が、3年前にJR北海道管内で起きた盗難事件の盗品ではないか、という指摘があがった。

ただ、この業者はJ-CASTニュースの取材に「その盗難品ではないと思う」との認識を示した。インターネット上の指摘を受け、商品の出品者にも確認を取ったところ、「調べてもらっていい」と潔白を主張。また、JR北海道からも問い合わせがあり、すでに写真やシリアル番号を提供しているという。

2016年5月に留萌駅で放送装置などが盗まれていた

「それ、盗品では?」。鉄道模型・部品等の販売を手がける「フレイトライナー」が2019年11月12日に公開した商品をめぐり、ツイッター上でこんな指摘が複数あがった。

同店が公開した商品は「8681-1 車内(音声合成)放送装置 旭川支社」というもので、販売価格は12万円。商品一式の写真もアップしている。

「盗品」との声が出たのは、16年5月に起きた盗難事件が背景にある。当時、留萌(るもい)駅(北海道留萌市)に停車中の列車から車内放送に使う装置などが盗まれていた。留萌駅の管轄はJR北海道・旭川支社。今回の商品といくつか一致点があった。

フレイトライナー公式ツイッターに複数のリプライが届いたほか、盗まれた物ではないかと指摘する投稿の中には4500以上のリツイート、9000以上の「いいね」がつくものもあり、「疑惑」は拡散されることになった。

しかし、フレイトライナーを運営する村上木工挽物有限会社(埼玉県和光市)の担当者は14日、J-CASTニュースの取材に、「違うと思います。その盗難品ではないと思っています」と話す。担当者は次のように経緯を明かした。

今回の商品は鉄道関連のコレクターが同社に出品し、販売を委託した物だ。ツイッターでの拡散を知った同社が13日、この出品者に問い合わせたところ、疑わしい物ではないと潔白を主張。入手経路なども確認した。そもそもこの放送装置はバスに使われる物と同じで、それなりの数が流通しているという。

JR北から問い合わせ、必要なら現物見せる

ネット上の事態を知った出品者は「やましい物ではないということで、今の状況に困惑している様子」(担当者)だった。出品者からは商品を返してほしいなどの要求もなく、むしろ「シリアル番号も打ってあるからJR北海道に提供して調べてもらっていい」と提案された。同社からの「販売をいったん取り下げ、1か月ほど保管させてほしい」という提案も了承。「誠実に対応してくれています」と担当者は話す。

一方、JR北海道から14日朝、この商品に問い合わせがあったという。

「購入目的は注文時には明かしてもらっていませんが、16年の盗難事件の盗品かどうかを検証するためだと思いました。ですから、指摘を受けていることや、潔白であることなどをすべて説明し、出品者の意向も伝えました。その上で、細部が分かる写真やシリアル番号をJR北海道様に提供し、調べてもらうようにしました。もちろんお金は頂いていません」(担当者)

商品の現物はフレイトライナー側で保管しているが、もしJR北海道が現物を見たいとなれば、実際に見に来てもらうことも検討する。盗品かどうかの結果が出るまでは1か月程度を見込んでいる。

J-CASTニュースはJR北海道に対し、(1)フレイトライナーに今回の商品を注文したか(2)商品写真やシリアル番号などの提供を受け、盗品かどうかを調べているのは事実か――などについて取材を依頼したが、同社広報は15日、「2016年に留萌駅で盗難があったのは事実だが、調査中なので回答は控える」とするにとどめた。

(J-CASTニュース編集部 青木正典)