中華丼の「エビ」アレルギー表示せず アナフィラキシー発症訴え「一切丁寧な謝罪がない」

中華丼の「エビ」アレルギー表示せず アナフィラキシー発症訴え「一切丁寧な謝罪がない」

中華丼の「エビ」アレルギー表示せず アナフィラキシー発症訴え「一切丁寧な謝罪がない」の画像

千葉県浦安市のホテル「舞浜ユーラシア」内にあるレストランで2020年1月4日、一部メニューにアレルギー物質の表記漏れがあり、20代の女性客に健康被害が出た。

保健所が調査に乗り出し、店は食材の管理方法を見直すとしているが、客は店側の対応に不満を漏らす。

嘔吐など症状

この客によれば、被害の経緯はこうだ。

女性は1月4日夜にレストランを訪れた。甲殻類アレルギーを持っているため、メニューのアレルギー表記を注意深く確認し、「エビ」のマークがない中華丼を頼んだ。

しかし、食べ進めるうちにエビが3匹入っていることに気づく。店の支配人を呼んで、「(アレルギーによる)アナフィラキシーショックが起こる可能性がある」「誤表記の危険性を認識しているか」などと伝えるも、特に謝罪はなく、「貴重な意見をありがとうございます」「何かあったら連絡してください」と答えるにとどめたという。

その後、女性はすぐに常備薬を服用するも、トイレで嘔吐。もう1錠飲んで症状は落ち着き、ホテルで一夜を過ごした。だが、翌朝に症状が悪化。ホテルの受付スタッフに報告するも、「レストランからの連絡を待ってほしい」との返事だった。

他メニューも見直し

女性はすぐに病院に行き、アナフィラキシーショックの診断を受けた。診断書には「2020/1/4 エビ摂取後からの嘔吐、下痢、じんま疹症状で当院外来受診され、精査の結果、上記診断とした」と書かれている。

治療後、店の支配人から連絡があるも満足のいく説明はなく、「今すぐには返答ができない」との一点張りだったという。

女性はJ-CASTニュースの取材に「店からは一切丁寧な謝罪がありません」と店側の対応を疑問視し、「医療費の負担、請求された飲食代の返金、丁寧な謝罪を求めます」と訴えた。

ホテル側は6日、公式サイトで「『中華丼』におけるアレルゲン表記にいて、"海老"の表記が漏れておりました」と発表。「現在、ほかのメニューも含め、使用している食材の管理などを見直しておりますので、メニューにおけるアレルゲン表記を全品、中止いたします」と他のメニューについても言及した。

先の女性によれば、メニューにあったソフトクリームとたこ焼きには、乳製品表記や小麦粉表記がなかったという。

ホテルは6日午前、取材に応じるも「現在は何も話せない」と回答。その後、サイト上のお知らせが消え、代わりに謝罪文が掲載された。

千葉県の衛生指導部によると、本件はすでに把握しており、調査を進めているとする。