「日本の有力紙である朝日新聞が...」 コロナ「痛快な存在」発言、海外メディアも報道

「日本の有力紙である朝日新聞が...」 コロナ「痛快な存在」発言、海外メディアも報道

「日本の有力紙である朝日新聞が...」 コロナ「痛快な存在」発言、海外メディアも報道の画像

朝日新聞社の小滝ちひろ編集委員が新型コロナウイルスについて「ある意味で痛快な存在かもしれない」などとツイートした問題が、国外にも波及している。

韓国メディアも一連の顛末を報じ、「世界的に拡散し、多くの人の命を奪っている新型コロナウイルスを『痛快な存在』と表現した」などと論評した。韓国でも感染者が増加しており、日本と同様にツイートへの非難が寄せられている。

広報部ツイートに続いて3月15日朝刊でも「おわび」

問題となったツイートは、2020年3月13日付の

「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない」

というもの。ツイートに対する批判が出ると、小滝氏は釈明などすることなくツイッターのアカウントを削除。批判が加速し、3月14日に朝日新聞社広報部がツイッターで、小滝氏の「ソーシャルメディア記者」を取り消した上で「深くおわびします」とするコメントを出した。3月15日朝刊にも「不快な思い招く表現 おわびします」と題した同趣旨の記事を掲載した。

韓国の聯合ニュースは同日午後、一連の経緯を

「日本の有力紙である朝日新聞が、新型コロナウイルスを『痛快な存在』と表現した自社編集委員のツイートが議論になり、記事で公式に謝罪した」

などと報道。問題のツイートについては

「世界的に拡散し、多くの人の命を奪っている新型コロナウイルスを『痛快な存在』と表現した」

とした。記事のコメント欄には、

「間違いだと謝罪すればいいのか?ジャーナリストは本当にいい仕事だ」

と皮肉る声が寄せられた。

「日本の『キレギ』には脳はないのか。本当に狂っている」

聯合ニュースのツイッターアカウントにも、

「日本の『キレギ』には脳はないのか。本当に狂っている」
「記者がゴミだ」
「やはり五輪は延期だ」

といった返信が寄せられた。「キレギ」は「記者」と「ゴミ」を組み合わせた造語で、日本語の「マスゴミ」に近いニュアンスだ。

このツイートの件は、それ以外にも韓国のYTNテレビや、台湾の聯合報で報じられている。