早稲田大学、授業開始は「5月11日」 私大の雄、対応踏み込む

早稲田大学、授業開始は「5月11日」 私大の雄、対応踏み込む

早稲田大学、授業開始は「5月11日」 私大の雄、対応踏み込むの画像

早稲田大学は2020年3月24日、新年度の授業開始日を新型コロナの流行の影響により、5月11日とすることをウェブサイト上で発表した。同大は3月9日に、新年度の授業開始日が4月20日以降になることを発表していた。

法科大学院などは「別途定める」

24日の発表で同大は、「新型コロナウイルス感染症に関する影響が多岐に渡っている中、授業運営への影響を最小限にすることを目的に、5月11日(月)に繰り下げることとします」と、その理由を説明。併せて、人間科学部通信教育課程、法科大学院、大学院経営管理研究科の授業開始日については「別途定めます」としている。

各地の大学で授業の開始を遅らせる動きが続いており、4月後半〜5月への延期を発表した大学も少なくない。東京都の小池百合子知事が23日に、首都大学東京(4月から「東京都立大学」に名称変更)に対してゴールデンウイーク終了までの休講を要請しており、同大の授業開始が大幅に遅れる可能性が浮上している。

こうした中、有名私大がゴールデンウイーク明けからさらに遅らせての授業開始を発表したことは、他大学の動向に影響を及ぼすことも想定される。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)