「#マスクを医療従事者に」支援の輪広がる 大谷翔平、ジェジュンらが協力

「#マスクを医療従事者に」支援の輪広がる 大谷翔平、ジェジュンらが協力

「#マスクを医療従事者に」支援の輪広がる 大谷翔平、ジェジュンらが協力の画像

特定非営利活動法人ジャパンハートは、医療従事者向けのマスク購入費を募るプロジェクト「#マスクを医療従事者に」を、クラウドファンディグサイト「READY FOR(レディーフォー)」で2020年4月15日から実施している。

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手、K-POPアーティストのジェジュンさんなどがプロジェクトに協力し、4月16日12時までに目標金額の5000万円を超える寄付が集まっている。

目標金額達成後も寄付相次ぐ

プロジェクトは集めた資金を元にサージカルマスクを購入し、マスク不足の医療機関に届けることで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大による医療崩壊を防ぐのが目的だ。

目標金額は5000万円で、購入したマスクは東京都立墨東病院、神戸市立中央病院など各地の医療機関に配る。ソフトバンクグループが月3億枚のマスク配布を開始する5月初旬〜中旬までに、100万枚のマスクを配る目標だ。マスクは「納入実績がある海外の信頼できる業者から仕入れる」という。

プロジェクトには大谷投手やジェジュンさんに加え、サッカー日本代表の長友佑都選手、競泳日本代表の瀬戸大也選手、タレントの武井壮さんなど17人の著名人が協力している。

ジェジュンさんはクラウドファンディングサイトの中で、

「医療従事者の皆様が、コロナと戦う人々を救うために、どれだけの危険にさらされているのかと、日々、胸が締め付けられる想いでいます。自由が奪われた現在、まずは医療崩壊を防ぐためにも、私達が出来ることはあります」

とコメント。

また武井さんは15日にツイッターで「医療従事者の皆さんを、患者の皆さんを、日本の医療を、日本を守ろう!!!」と投稿し、寄付を呼びかけた。

寄付期限は4月16日の23時までだが、同日の午前中には目標金額の5000万円に到達。その後も寄付は相次ぎ、16日13時現在は「ネクストゴール」として、500万枚のマスク調達を目指し、1億円を新たな目標に掲げている。

マスク不足で「日本のあらゆる病院が機能不全に」

プロジェクトの背景には、日本の医療機関が直面する深刻な「マスク不足」がある。

プロジェクトを推進する福島県立医科大学の竹口優三さんと、感染症に詳しいナビタスクリニック(東京都など)医師の久住英二さんによる、クラウドファンディングページでの説明によれば、各地で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の院内感染が広がる中、その原因の一つに医療者を守る個人防護具としてのマスクが「深刻なレベルで不足」していることがあるという。

こうした背景には、日本のほぼ全ての病院がマスクを含む医療機器の供給を国内大手卸売専門業者4社に依存していることを挙げる。政府が新型コロナウイルスの感染拡大を受けてマスクを買い上げたことで、大手4社に頼ってきた医療機関はマスクを調達できなくなり、マスク不足を招いたのだという。

一方で、政府が買い付けたマスクやソフトバンクグループが製造するマスクが供給されるのは5月以降を予定。2人は、

「直近の4月のマスク不足を埋めなければ、日本のあらゆる病院が機能不全に陥る可能性があります。まさに時間との戦いです」

と危機感を強める。