病気の女児帰国で「日韓関係」雪どけ? 日本の協力に両国メディア期待感

日韓関係が雪どけか 急性白血病の韓国人女児が日本の協力でインドから帰国

記事まとめ

  • インドからの帰国が困難になった韓国人の女児が、日本大使館や日本航空の協力で帰国
  • 菅義偉官房長官は「日韓協力の良い例」と指摘し、韓国メディアでも期待する声
  • 韓国の外交部長官が女児帰国協力に、茂木敏充外相に感謝を伝える書簡を送ったと報道も

病気の女児帰国で「日韓関係」雪どけ? 日本の協力に両国メディア期待感

病気の女児帰国で「日韓関係」雪どけ? 日本の協力に両国メディア期待感

病気の女児帰国で「日韓関係」雪どけ? 日本の協力に両国メディア期待感の画像

新型コロナウイルス感染拡大に伴う国際航空便での移動制限のなか、インドからの帰国が困難になっていた、急性白血病と診断された韓国人の女の子(5歳)が、現地の日本大使館や日本航空の協力で、日本経由で無事、国に戻ることができた。

この件は、菅義偉官房長官が会見で事実関係を認め、「日韓協力の良い例(になった)」と指摘、読売新聞や産経新聞は、この発言部分を見出しに取って報じた(いずれもウェブ版)。日韓関係は長らく冷え込みが続くなか、韓国メディアでも「韓日関係回復の転機に」と期待する声が出ている。同様の自国民帰国への協力は、双方によってこれまでに複数回実施されている。

菅長官「日韓協力の良い例になった」

「菅長官『日韓協力の良い例』」(読売)、「菅官房長官『日韓協力の良い例』」(産経)――2020年5月7日の菅長官会見を報じた2紙は、それぞれこんな文言を見出しの一部に使った。インドからの帰国を果たした韓国人女児については、在インド韓国大使館による協力の呼びかけに現地の日本大使館が応じ、日本経由で5日に韓国内の空港に到着したことが、韓国の聯合ニュースや中央日報などで報じられていた。

5日は韓国でも「こどもの日」に当たることから、「こどもの日の奇跡」と報じる韓国メディアもあり、中央日報は7日の社説で「白血病児の奇跡、韓日関係回復の転機になるよう期待する」(日本語ウェブ版)と見出しを立てた。

こうした協力事例は初めてではない。たとえば読売新聞(4月11日)が、アフリカのマダガスカルから出国する韓国チャーター機に日本人7人らも搭乗したことを報じ、中央日報など韓国メディアも読売報道を一部引用しつつ、この事案を伝えていた。

この読売報道では、日韓関係について「『元徴用工』訴訟問題の進展が見られない中、自国民保護では共同歩調をとっている」と指摘。しかし、東亜日報(4月13日、日本語ウェブ版)は、韓国の「政府筋」の見解として、「協力とみるのは可能だが」と読売記事に言及しつつ、「元徴用工問題が解決されていない状況」を指摘、「(相互の帰国協力に)大々的に合意したと意味を与えることは行き過ぎだ」と、釘を刺すかのような声を報じていた。

「改善される絶好の機会」報道も

一方で、同様の日韓協力の動きを報じる記事は相次いだ。先の読売記事(4月11日)の他、中央日報などの韓国メディアの4月13〜5月7日の複数記事によると、韓国側が準備したチャーター機に日本人が乗って出国したフィリピンやケニアでの例や、日本側手配便に韓国人が乗ったスーダンなどのケースが確認されている。5月7日には、聯合ニュースが「韓日協力続く」との見出しでタンザニアでの事例を報じた。

ただ、今回のインドの事例は病気の幼い女の子が関係していることもあってか、意義付けが大きくなっており、先に触れた中央日報社説では「凍り付いた韓日関係を溶かすような温かい便りが飛び込んできた」「最悪に落ち込んだ韓日関係が改善される絶好の機会が生まれた」と期待を寄せている。

また8日には、韓国の康京和・外交部長官がインドからの女児帰国協力に関して、茂木敏充外相に感謝を伝える書簡を7日に送ったと「外交部当局者」が明かしたと聯合ニュースが伝えている。こうした動きが日韓関係が改善に向かうきっかけになるのか、注目が集まる。