握手や抱擁も「忍耐」を...イスラム教寺院とコロナ対策 東京ジャーミイに聞く現状

握手や抱擁も「忍耐」を...イスラム教寺院とコロナ対策 東京ジャーミイに聞く現状

握手や抱擁も「忍耐」を...イスラム教寺院とコロナ対策 東京ジャーミイに聞く現状の画像

東京ジャーミイ・トルコ文化センターは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で規模を縮小して開館している。J-CASTニュースは、コロナ渦中に置かれた東京ジャーミイ・トルコ文化センターの取り組みについて、電話で取材を行った。

金曜礼拝には上限を超える申し込み

日本最大級のイスラム教寺院である東京ジャーミイは、6月5日から金曜礼拝を再開した。参加人数の上限は100人とし、参加を希望する人は事前に申し込みが必要となる。

J-CASTニュースが、東京ジャーミイ・トルコ文化センター広報担当者である下山茂さんに、再開した金曜礼拝の様子について尋ねると、金曜礼拝には上限である100人を超える申し込みがあったという。通常であれば、5、600人が金曜礼拝に訪れていたため、現在は希望者全員を受け入れることが難しくなっている。

また新型コロナウイルス感染症対策としては、入り口で検温を行い、礼拝者同士で距離をとるようにしている。通常の礼拝では横一列に並び、肩を寄せ合って祈りをささげる。これは民族も肌の色も超えて、皆等しく平等であることを体感するなど大事な意味を持つとされているのだが、それも現在は1、2mほど距離を取らなければならない。広報担当者である下山さんは「残念だ」と話した。

ウェブサイト上では、礼拝前に水で体の一部を洗い清める「ウドゥ」を自宅で済ませるように呼び掛けている。さらに、このような注意書きも。

「握手や抱擁など、礼拝者どうしの身体的な接触は禁止です。忍耐しましょう。現時点では、同胞への愛情と敬意の示し方としてそれがもっともすぐれています」イスラム教徒(ムスリム)間では、初対面でも知人でも挨拶とともに握手や抱擁を行うことは珍しくなく、「忍耐」が求められた。

集う人々にもそれぞれの苦悩が

J-CASTニュース既報のとおり、東京ジャーミイはイスラム教最大級の祭事期間、ラマダン(断食を行う月)間にイベントを行うことができなかった。(断食月「ラマダン」も自粛の流れ 東京ジャーミィ、集団食事・礼拝を中止に)

下山さんによれば、一時期はハラールショップ以外すべての施設を閉館したという。毎年ラマダンの間は、トルコのイスタンブールからシェフが来日し、一般の日本人含む約500人に無料で料理をふるまう「イフタール(夕食会)」を開催。しかし今年のラマダンは、4月24日頃から5月23日頃と、日本国内における新型コロナウイルス感染症拡大のピーク期。イベントはもちろん礼拝堂も閉めるなど、自粛せざるを得ない状況に置かれた。一方でそのころ開設した、「ハラールショップ」のオンラインショップでは、そこそこの注文があったとのことだ。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、東京ジャーミイに訪れる人々の日常や暮らしにも変化が。下山さんによれば、非正規雇用の外国人の中には仕事を失った人もいるという。アラブ料理店などを運営する人も客足が伸び悩んでいるとして、一般的な日本人と同じような苦境に置かれていると述べた。

トルコ料理が出るカフェがオープン

普段であれば、見学の人も普段の土日には100人ほど来ていた。それに加えて、毎週2,3件ほど中学、高校、大学、社会人など様々なグループ見学も受け付けていた。しかし、現在の土日の見学者は2、30人程度。グループ見学も、7月から8月まで予約は入っていない。日本の人々に、トルコやイスラム教について知ってもらえる機会が減っている。

こうした状況ではあるが、嬉しいニュースが1つあるという。下山さんによれば7月1日、トルコ文化センター内にトルコ料理のランチなどを提供するカフェをオープンするという。下山さんは、

「トルコ料理のランチが出るカフェもできました。遊びに来てください」

と、コメントした。