岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち カマラ・ハリス候補を、街の人たちはどう見ているのか

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち カマラ・ハリス候補を、街の人たちはどう見ているのか

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち カマラ・ハリス候補を、街の人たちはどう見ているのかの画像

カマラ・ハリス氏は「黒人の女性として初の副大統領候補」と、米国でも日本でも盛んに報道された。が、それは誤りで、「共和党・民主党の2大政党で初」の黒人女性の副大統領候補ということになる。2000年の大統領選で改革党のパット・ブキャナン氏が、副大統領候補に女性で黒人のエゾラ・フォスター氏を選んでいる。いずれにしても、民主党に新しい息吹をもたらしたかに見えるハリス氏。彼女の指名を、一般のアメリカ市民はどう受け止めているのだろうか。

「まさに今、私たちに必要」「同じ黒人ではない」

2020年8月11日、ハリス氏の指名が発表になると、トランプ大統領に批判的な、私の友人のアメリカ人女性たちは、初の黒人大統領誕生となったバラク・オバマ氏の時代と、ヒラリー・クリントン氏が果たせなかった初の女性大統領の誕生が、一度に訪れたかのように、喜んだ。

その翌日、ニューヨーク市にいた私は、買い物に行ったスーパーで一緒に働いていた女性店員2人に、ハリス氏指名についてどう思うか聞いてみた。3人ともマスクをしているが、十分な距離を取って話しかけた。

1人はヒスパニックらしき女性で、ハリス氏についてほとんど知らないようだった。もう1人の黒人女性サーシャ(20代)は、5月に黒人差別に抗議するデモに参加したと言い、興奮を抑えられない様子で早口にこう話した。

「マイノリティの女性で、強い意志と行動力のあるカマラみたいな人が、まさに今、私たちに必要なのよ」

私が「『Black Lives Matter(黒人の命を軽んじるな)』の運動が大きなうねりを見せている時だから?」と聞くと、サーシャは大きく2度、うなずいた。

「カマラは名門の黒人大学に行って、ロースクールで法律を学び、州の司法長官になった。黒人女性が直面するハンディキャップを自ら乗り越えてきたから、私たちを代弁できるし、私のような若者にとっていいロールモデルになるはず。バイデンは高齢だし頼りないけれど、カマラがついていれば、トランプを打ち負かせると信じている」

ハリス氏は、インド出身の母親とジャマイカ出身の父親を持つため、移民の声も代弁できる。ともに学者である両親に連れられて、幼い頃から公民権運動のデモに参加していた。

ロースクールを卒業後、カリフォルニア州サンフランシスコ市の地方検事、同州司法長官を経て、上院議員とキャリアを重ねた。今回、大統領選の候補を選ぶ民主党予備選に出馬したが、資金不足を理由に2019年12月に撤退している。

スーパーでの買い物を終えて家路に向かう途中で、30代くらいの黒人男性とすれ違った時、ハリス氏について意見を聞いてみた。

新型コロナウイルス騒動以来、人とのコミュニケーションは極端に減ったものの、ニューヨークでは比較的、気軽に他人同士が言葉を交わす。

その男性は「イエス、マーム」と答えた。南部の人たちは、このような丁寧な受け答えをする。ニューヨークでは、まず聞かない。

ウィリーというその男性は、仕事で南部ミシシッピー州から来ているという。

ハリス氏に対する彼の反応は、サーシャとは違った。

「僕は見た目がもろに黒人だから、いろいろ嫌な目に遭ってきました。白人やヒスパニックに目の前で中指を立てられて、『ニガー』と呼ばれたり。容姿が典型的な黒人に見えないカマラは、僕みたいな経験はしてこなかったと思います。祖先が無理やり奴隷として連れて来られた僕らとは、同じ黒人ではない。人種差別主義者のトランプには、もう大統領を続けてほしくない。でも、カマラは社会的弱者に厳しいと言われているし、エリートの彼女に僕らの気持ちがわかるはずがない」

トランプ支持者のハリス観は...

そのあとで、星条旗がデザインされたTシャツ、膝丈のパンツ姿の白人男性を見かけた。ニューヨークではほぼ9割がマスクをしているが、彼は付けていなかった。

トランプ支持者だろうか。大きな政府を嫌う共和党支持者の中には、「政府に指示されたくない」と、マスクを付けるのを拒否する人が少なくない。

さっきよりさらに距離を取りながら、ハリス氏指名についてどう思うかと声をかけると、戸惑った様子だった。民主党色の濃いニューヨークでトランプ支持者だと知られたくないのかもしれないと思い、「この連載では何度も支持者の声を取り上げている」と話すと、快く応じてくれた。やはり、トランプ氏を支持しているという。

「ジェンダーと人種が理由で、カマラは選ばれたんだ。それって、逆差別じゃないのか。ほかにこれといった業績はない。バイデンは急進派の操り人形で、大統領になったら実質的に政権を握るのは、背後にいる急進左派だ。高齢だし、何かあれば、カマラが大統領になる。バイデンは、少なくとも2期目はないだろう。カマラが大統領になったら、民主党はますます急進的になっていく。そうなったら、この国にもう希望はないよ」

彼の言い分は、トランプ氏の民主党批判と重なる。

バイデン氏は長年、政治に携わってきたこともあり、新鮮さや熱いものが感じられない。しかもコロナ感染を恐れ、何か月間も自宅にこもってリモートで発信していただけで、最近はとくに存在感がない。

一方、ハリス氏は明るく覇気があり、精力的に見える。2018年秋に上院司法委員会で行われた最高裁判事指名公聴会では、ブレット・カバノー氏を舌鋒鋭く追及した。2019年夏には、民主党討論会でバイデン氏をやり込めた。しかし、ハリス氏自身、犯罪取り締まりの姿勢が一貫性に欠けたことなどで、批判もされている。

今回、警察の暴力が問題になってから、警察に対するハリス氏の見解が以前とは一転しているとの指摘もあるが、州司法長官としての経験が警察改革に生かされる強みがあるかもしれない。バイデン氏の女性スキャンダルの影を薄くするために、民主党にとって女性の副大統領候補は必至だったとの見方もある。

2016年の大統領選では、民主党支持者の間でもヒラリー・クリントン氏に反発を感じる人が少なくなかった。いくつものスキャンダルや「上から目線的な態度が鼻につく」など理由はさまざまだが、ハリス氏にはもっと親しみを感じるという人もいれば、「これからいろいろ、共和党に叩かれる材料が出てくるだろう」と推測する人もいる。

指名の翌々日に、ベンチでサンドイッチを食べていたメキシコ出身の50代くらいの男性は、民主党支持者だったが、「アメリカ人女性には、まだ大統領になるような本当の強さがないよ。クリントンもハリスもダメだ」とバッサリ切り捨てた。

アメリカ人は大統領に「強いリーダーシップ」を求めている。しかし、女性がリーダーシップを取ることに抵抗を感じるアメリカ人男性は、いまだに多い。

ハリス氏は中道と左派の間で揺れてきたが、バイデン氏とともに党を1つにまとめ、無党派層を取り込み、共和党に切り込めるのではと期待する人もいれば、その手腕はないという人もいる。

いずれにしても、性別と人種も重要だが、副大統領としての資質が評価されるべきだ。

役者が出揃い、大統領選まであと3か月を切った。いよいよこれから、山場を迎えようとしている。

++ 岡田光世プロフィール
おかだ・みつよ 作家・エッセイスト
東京都出身。青山学院大卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。日本の大手新聞社のアメリカ現地紙記者を経て、日本と米国を行き来しながら、米国市民の日常と哀歓を描いている。米中西部で暮らした経験もある。文春文庫のエッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズは2007年の第1弾から累計40万部。2019年5月9日刊行のシリーズ第9弾「ニューヨークの魔法は終わらない」で、シリーズが完結。著書はほかに「アメリカの家族」「ニューヨーク日本人教育事情」(ともに岩波新書)などがある。