水分の過剰摂取で「水中毒」のおそれも 「頭痛やめまい、呼吸困難に陥ることがある」警視庁が注意喚起ツイート

水分の過剰摂取で「水中毒」のおそれ 「頭痛やめまい、呼吸困難に陥る」と警視庁投稿

記事まとめ

  • 警視庁が水分の過剰摂取で「水中毒」が起こることがあると説明し、注意喚起を行った
  • 汗をかいた後、水を大量に飲むことで血液中の塩分濃度が低下することが原因
  • 「頭痛やめまい、さらには呼吸困難などに陥ることがある」と注意を呼びかけた

水分の過剰摂取で「水中毒」のおそれも 「頭痛やめまい、呼吸困難に陥ることがある」警視庁が注意喚起ツイート

水分の過剰摂取で「水中毒」のおそれも 「頭痛やめまい、呼吸困難に陥ることがある」警視庁が注意喚起ツイート

水分の過剰摂取で「水中毒」のおそれも 「頭痛やめまい、呼吸困難に陥ることがある」警視庁が注意喚起ツイートの画像

警視庁警備部災害対策課の公式ツイッターが2020年8月24日、水分の過剰摂取で「水中毒」が起こることがあると説明し、注意喚起を行った。

低ナトリウム血症が起こる

猛暑が続く中、気象庁や厚生労働省熱中症対策としてこまめに水分補給をするよう呼びかけている。そんな中、警視庁の公式ツイッターが「皆さんは『水中毒』をご存知ですか?」と問いかけ、

「汗をかいた後、水を大量に飲むことで血液中の塩分濃度が低下し、頭痛やめまい、さらには呼吸困難などに陥ることがあるそうです」

と紹介した。

続けて「熱中症予防には水分補給が大切ですが、水とともに塩分タブレットを食べたり、経口補水液等を飲むようにし、水中毒にも注意しましょう」と呼びかけた。

環境省も「熱中症環境保健マニュアル 2018」内で「数時間〜十数時間に及ぶスポーツでは、塩分の摂取不足や水の過剰摂取によって低ナトリウム血症(血液中のナトリウム濃度の低下)が少なからず起こる」と説明し、「長時間の運動では塩分(0.1〜0.2%食塩水)を摂取するとともに、水を過剰に摂取しないように注意する必要があります」と記している。

また日常生活で摂取する水分量については厚生労働省が、「多くの方では不足気味であり、平均的には、コップの水をあと2杯飲めば、一日に必要な水の量を概ね確保できます」と公式サイトで紹介している。

3000以上の「いいね」が集まった警視庁の投稿には「スポーツ選手なんかは練習中、塩タブレットなんか摂取してると聞いたことあります。汗と一緒に出ていった分はしっかり補給しないとですよね!」「気をつけます!」などのコメントが寄せられていた。