「もう何を見ても驚かない...」安倍首相辞任報道に隣国も大騒ぎ 中韓台のネットユーザーの反応は

「もう何を見ても驚かない...」安倍首相辞任報道に隣国も大騒ぎ 中韓台のネットユーザーの反応は

「もう何を見ても驚かない...」安倍首相辞任報道に隣国も大騒ぎ 中韓台のネットユーザーの反応はの画像

安倍晋三首相が2020年8月28日、「辞任の意向を固めた」と各メディアが報じた。NHKによれば、持病である「潰瘍性大腸炎」の悪化などが理由だという。安倍首相は28日17時から、首相官邸で記者会見に臨む。

韓国や中国、台湾でもトップニュースとして報じられ、さまざまな反応が寄せられている。

ウェイボーでは約6700万の関連投稿

韓国ポータルサイト大手「NAVER(ネイバー)」のニュース枠では、安倍首相の辞任はトップページで大きく扱われた。中央日報や聯合ニュースなど現地メディアが相次いで報じた。

NAVERのニュースのうち、28日15時30分時点(数字は以下同)で、最も反応が寄せられた記事「安倍首相が8年近くで辞任 本日辞任について発表」(朝鮮日報)には、感情を示すボタンが350以上押されており、「いいね」が最多で210だった。「悲しい」が127、「怒り」が12だった。

同じ記事のコメント欄を見ると、最も「いいね」ボタンが押された投稿は、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領も辞任を望む」と記された、文氏もこの際に辞任してほしいとの願望を述べた投稿(いいね:856、悪い:231)だった。

中国の検索最大手「バイドゥ」、SNS「ウェイボー」でもトレンドの1位となった。ウェイボーの関連投稿の総閲覧数は約6700万を記録している。

台湾のニュースポータルサイト「ヤフー奇摩新聞」も「震撼!安倍首相が辞任の意向」との見出しで大々的に掲載している。この記事にはコメントが約150件書き込まれ、「今年のニュースはもう何を見ても驚かないだろう...」との投稿には「いいね」が95(「悪い」は5)押されている。