函館市長「GLAYの名誉が大きく傷つけられた」 無観客ライブめぐる「誤報」にコメント

函館市長、GLAY無観客ライブ巡る誤報に「GLAYの名誉傷つけられた」「地元として残念」

記事まとめ

  • GLAYが無観客コンサートをYouTube配信したが、これを函館新聞は"無許可で撮影"と報道
  • 後に誤りだったと謝罪したが、函館市長は「GLAYの名誉が傷つけられた」とコメント
  • 「これからも変わらず彼らの活動を力一杯応援してまいります」と呼びかけた

函館市長「GLAYの名誉が大きく傷つけられた」 無観客ライブめぐる「誤報」にコメント

函館市長「GLAYの名誉が大きく傷つけられた」 無観客ライブめぐる「誤報」にコメント

函館市長「GLAYの名誉が大きく傷つけられた」 無観客ライブめぐる「誤報」にコメントの画像

北海道函館市の工藤壽樹市長は2020年9月4日、地元出身の人気ロックバンド・GLAYの恵山での無観客コンサート撮影に関する一部メディアの誤った報道について、「GLAYの名誉が大きく傷つけられた」「地元としてとても残念なこと」とするコメントを発表した。

同コンサート撮影をめぐっては8月18日、函館新聞が「無許可で撮影」と報じたが、同紙は8月21日にこれが誤りだったとお詫びした。9月2日には社内検証を実施したとして、誤報の原因や経緯について詳報していた。

函館新聞が検証記事を公開

GLAYは8月12日、「GLAY野外無観客ライブ in函館・恵山」と題して活火山の恵山道立自然公園で無観客のコンサートを実施し、YouTubeで配信した。このコンサートについて同18日、函館新聞(電子版)が「許可申請をせずに撮影していた」などと報じ、騒動になった。

だが同21日に函館新聞は、この「無許可で撮影」という情報は誤りだったとしてお詫び文を出した。実際に道の許可が必要なのは「撮影」でなく「ステージなど工作物設置」であると訂正。元の記事で「収録について事前に申請や相談は来ておらず」としていた点も、「収録について事前にドローンの飛行計画などの提出はあったが、工作物設置の申請はなく」の誤りだったとした。

その後9月2日、同紙は「道立公園内音楽ビデオ撮影の記事に関する社内検証/周辺取材不足のまま掲載 誤ったイメージ与えおわびします」の見出しで検証結果を詳報した。

まず「無許可撮影」という記事になったのは、「この件に関する情報を入手した記者は、道立公園を管理する渡島総合振興局を取材した際、道から得る必要のあった許可が工作物(簡易ステージなど)の設置に関する行為だったにもかかわらず、撮影行為自体であると受け止めた」ためだと説明。「この部分は確認不足による不正確な表現であり、8月21日付で訂正とおわびの記事を掲載しました」と振り返った。

さらに制作側から「申請や相談はなかった」としていた点についても、同紙は複数の関係者に聞き取りを実施。その結果、動画制作会社が函館市を通じて事前調査しており、「市恵山支所から許可申請に関する助言を受け、それに基づき国有林の入林などの申請がなされ、許可されていた」ことが分かったという。そのため、「工作物の設置については、工作物そのものに対する解釈に誤解はあったものの、『相談はなかった』との部分は誤りでした」と改めて訂正した。制作会社の代表は「手順を踏んで手続きを進めていたつもりだったが残念」と話しているという。

「当初の記事によって誤ったイメージが拡散」と謝罪

そのうえで函館新聞は「記事化を急ぐ余り、周辺取材を進める前に拙速に記事を掲載したため、ビデオ撮影自体が無断で行われたとの誤ったイメージを与える結果となりました。いずれも慎重に取材をしていれば防げた事態であり、当社編集局としては、記事のチェック機能が働かなかったことも含めて反省点が多々あったと受け止めています」との見解を記載している。

また、GLAYの動画撮影をめぐる行政の対応については「8月27日までに、道が制作会社に通知書を送付し、その中では、工作物の解釈に誤解があったことが一因と指摘されています。この文書の確認をもって、この件の行政対応については完了しています」としている。

同紙は「当初の記事によって誤ったイメージが拡散し、GLAYとその関係者の方々に多大なご迷惑をおかけしましたことを改めておわびいたします。今後、取材の基本に立ち返り、再発防止に努めてまいります」と謝罪し、前出8月18日付の記事は電子版から削除したことも伝えた。

市長「地元としてとても残念なことと考えています」

函館市の工藤市長は4日、GLAYの無観客ライブ動画についてコラム記事をアップ。「私も視聴しましたが、GLAYのスケール感あふれるパフォーマンスと夕方から夜にかけて表情を変える活火山恵山の景色は、これまで目にすることのなかった圧倒的な映像であり、恵山の知られざる魅力を十二分にPRしていただいたものと感じています」と取り組みを称えた上で、一部の誤報にこう所感を示した。

「今回の収録において、一部メディアの取材不足による一方的な誤った報道で、GLAYの名誉が大きく傷つけられ、メンバーや関係者、撮影に携わった方々が悔しい思いと強い憤りを感じ、そして何よりもファンの皆様に多大なご心配をおかけしたことは、地元としてとても残念なことと考えています」

また、GLAYのメンバーには「彼らの音楽を通じて、函館のみならず北海道全体に多大な貢献をいただいており、その活動は、ファンに夢と希望を、そして、市民には誇りと勇気を与え続けています」と感謝。「GLAYの故郷である函館は、これからも変わらず彼らの活動を力一杯応援してまいります。ファンの皆様、よろしくご支援ください」と呼びかけた。

今回のGLAYの無観客コンサート動画は4日現在もYouTubeで視聴でき、函館市の観光情報サイトでも紹介されている。