菅内閣の閣僚、ツイッター利用率は SNS発信力を比較...「河野一強」に迫るのは?

菅内閣の閣僚、ツイッター利用率は SNS発信力を比較...「河野一強」に迫るのは?

菅内閣の閣僚、ツイッター利用率は SNS発信力を比較...「河野一強」に迫るのは?の画像

2020年9月16日発足の菅義偉内閣。菅氏を含む新閣僚21人の中にもSNSでアカウントを開設している大臣がいる。閣僚たちのSNSの利用ぶりや発信力を調べてみた。

前「広報本部長」なのにフォロワー数2200人

やはりSNSで最も目立っているのは、行革担当相の河野太郎氏(安倍内閣では防衛相)である。ツイッターのフォロワー数は9月15日時点で約176万7000に達し、16日も防衛相としての最後の業務にあたる様を投稿している。

菅首相(26万2000フォロワー)を含めた新閣僚21人のうち、ツイッターを現在運用しているのは11人(菅氏・河野氏・加藤勝信官房長官・茂木敏充外相・岸信夫防衛相・梶山弘志経産相・平沢勝栄復興相・赤羽一嘉国交相・西村康稔経済再生相・上川洋子法相・平井卓也デジタル相)。このほか、麻生太郎財務相や橋本聖子五輪相らはアカウントはあるものの何年も更新されていないので、今回は除外する。

彼らのツイッターを見てみると、前出の河野氏の更新頻度が突出している。現役閣僚であった茂木氏(4万7000フォロワー)と西村氏(5万9000フォロワー)は閣僚の任務の様子を逐次投稿している。IT通として知られ、デジタル相就任がさまざまな意味で話題になった平井氏は3万2000フォロワー。

一方、初入閣の平沢復興相はこれまで自民党広報本部長を務めてきたが、20年1月1日に「SNSでがんばってみようと思います」と動画を投稿したものの、以後「平沢勝栄に突撃インタビューしてみた!」という動画をPart1と2に分けて投稿して以降は毎月2回程度の投稿にとどまる。フォロワー数も約2200人と更新が続いている閣僚中最小だ。元々テレビ出演も多かっただけに、今後はネット上での情報発信も期待したいところである。また、新官房長官となる加藤氏も現職の閣僚だったにもかかわらず、フォロワー数3000人強にとどまっている。

ツイッターのフォロワー数は、河野氏の176万超に対し、残る面々を足しても40万強で4分の1という極端な「発信力格差」がある。今後、河野氏に匹敵する「ツイ廃大臣」が出てくるかが注目だ。

インスタ、YouTubeの様相は?

ツイッターでは河野行革相が圧倒的だったが、ツールを変えると様相が変わる。菅首相のアカウントのフォロワー数が約7万7000人で、河野氏の約2万5000人を大きく上回る。インスタグラムは菅氏・河野氏・平井氏(2733フォロワー)と井上信治万博担当相(621フォロワー)が確認できるが、4人とも政治活動の報告が中心で、菅氏が開設直後に見せた「パンケーキ」のような「映える」投稿は今一つ弱いように見える。

一方、閣僚の開設率が最も高かったのがフェイスブックで、21人中19人が使用。確認できないのは武田良太総務相、麻生太郎副総理兼財務相であった。こちらは、31万を超えるフォロワーを擁する小泉進次郎環境相が目立つ。

最後にYouTubeチャンネルを見てみると、開設している閣僚は14人(菅首相、加藤官房長官、河野行革相、岸防衛相、平井デジタル相、上川法相、梶山経産相、平沢復興相、赤羽国交相、井上万博相、小泉環境相、萩生田文科相、西村経済再生相、坂本一億相)である。ここでも河野行革相の登録者数が圧倒的で、約14万4000人が登録している。ほかの閣僚は演説風景をアップするなど消極的な利用に留まる傾向が強く、更新も止まっているものも多い。菅氏ですら登録者数は128、小泉氏が2200人登録で河野氏に次ぐ2位にとどまった。岸氏にいたっては登録者数わずか18である。ここでも「河野一強」の構図があるようだ。

これら4つの主要SNSをすべて利用しているのは菅氏、河野氏、平井氏の3人。逆に一切利用が確認できなかったのは、麻生氏、武田氏の2人だった。

(追記)記事の一部を修正いたしました。