パリの著名日本人シェフ・関根拓さんが自殺 SNS中傷に苦しんでいたとの報道も

パリの著名日本人シェフ・関根拓さんが自殺 女性暴行との事実無根の情報でSNS中傷も

記事まとめ

  • フランスの著名日本人シェフ・関根拓さんが、39歳で亡くなったことがわかった
  • 関根さんのパートナーがSNS上で明かし、現地メディアによれば、自殺だったという
  • 女性に暴行したとの事実無根の情報が拡散し、うつ病の症状に苦しめられていたという

パリの著名日本人シェフ・関根拓さんが自殺 SNS中傷に苦しんでいたとの報道も

パリの著名日本人シェフ・関根拓さんが自殺 SNS中傷に苦しんでいたとの報道も

パリの著名日本人シェフ・関根拓さんが自殺 SNS中傷に苦しんでいたとの報道もの画像

フランスの著名日本人シェフ・関根拓さんが亡くなった。39歳だった。関根さんのパートナーが2020年9月28日(現地時間)、SNS上で伝えた。現地メディアによれば、自殺だったという。

ル・モンドなど仏メディア相次ぎ伝える

関根さんは、フランス・パリのレストラン「デルス」のオーナーシェフを務める。

母校・早稲田大学が運営する「早稲田ウィークリー」のインタビュー記事などによれば、政治経済学部を卒業後、語学留学や都内の有名フレンチレストランなどでの修業を経て、14年にパリ12区に「デルス」をオープンした。

1品ごとにカクテルを付けるコースメニューが話題を呼び、有名なグルメガイド「フーディング」で、16年の「ベストレストラン」に選ばれた。19年には同じくパリに2店目となる「シュヴァル・ドール」をオープンした。

訃報は、関根さんのパートナーが29日にインスタグラムで伝えた。投稿や、ル・フィガロ、ル・モンドなどの現地メディアによれば、関根さんが女性に暴行したとの事実無根の情報がSNS上で広まり、うつ病の症状に苦しめられていたという。

関根さんのインスタグラムは7月16日を最後に、更新されていなかった。