トランスジェンダー描いた内田英治監督は「許しがたい」と語気を強めた 区議の「足立区は滅ぶ」発言を批判

トランスジェンダー描いた内田英治監督は「許しがたい」と語気を強めた 区議の「足立区は滅ぶ」発言を批判

トランスジェンダー描いた内田英治監督は「許しがたい」と語気を強めた 区議の「足立区は滅ぶ」発言を批判の画像

公開中の映画「ミッドナイトスワン」でトランスジェンダー役を演じた俳優の草なぎ剛さんと内田英治監督が2020年10月9日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見した。足立区議の白石正輝氏(78)=自民党=が、「L(レズビアン)とG(ゲイ)が完全に広まったら、私たちの子供は一人も産まれない」「区は滅んでしまう」などと区議会で述べたことに対し、内田監督は「許しがたい発言」と強く非難した。

「ミッドナイトスワン」は内田監督のオリジナル脚本。トランスジェンダー女性20人以上に取材しながら制作され、草なぎさんがトランスジェンダーの凪沙(なぎさ)役で主演した。9月25日に公開され、「大変多くの人に見ていただいている」(内田監督)と好スタートを切っている。

問題の発言は区議会一般質問の場で

だが折しも公開同日の9月25日、足立区議会一般質問の場で、白石氏が「L(レズビアン)とG(ゲイ)が完全に広まったら、私たちの子供は一人も産まれない」「LもGも法律で守られているじゃないかという話になったら、足立区は滅んでしまう」などと同性愛者、性的少数者に対する差別的発言をし、10月に入ってSNSや各メディアで問題視されるようになった。

会見では同発言について、司会から「LGBTへの理解の問題で、日本では政治家からも誤解をあおるような発言がある」として、内田監督が見解を問われた。内田監督は「僕は(足立区の)隣の区に住んでいますが...」と切り出した後、約5秒の間を空け、意を決するように「許しがたい発言だと思います」とやや語気を強めて批判した。

「自分がこういう映画を作ったことを差し置いても、仮にも政治家を名乗る人間がああいう発言をするのは、1人の映画監督としても大きな声で抗議したいですし、本当に言葉にならないくらい許しがたい発言だと思っています」

「結局、無知なんですね」

内田監督は、ここ数日で報道された白石氏の各メディアでのインタビュー記事も読んだ。そこで「結局、無知なんですね」と感じたという。

「保守的な、昔からのイメージだけで話をしていらっしゃった。この映画は、LGBT含めさまざまな問題において無知な部分が多い日本においての第一歩。一歩一歩進むしかない。ああいう政治家がいきなりいなくなることはないので、一歩一歩、若い人たちから、そういった問題をちょっと考えるだけでいいんです。草なぎさんは俳優で、僕は映画監督。そのきっかけとして、こうしろということはしません。『あれ、あの政治家おかしいんじゃないか』と、ちょっとでも考えるきっかけになればいいのではないかと思います」

会見では、映画を通じて「若い人が考えるきっかけになれば」という旨の発言を繰り返した。実際、映画館には若年層の客が多く、反応も多いという。内田監督は「『トランスジェンダーはテレビで見るニューハーフくらいだと思っていたが、全然違う』と。若い人がそう感じていただけると本当にこの映画をやって良かったと思います。そして、草なぎ剛という俳優が若い人の入口になってくれているのは間違いない」と話していた。