デヴィ夫人「不妊」問題発言に「メディアの責任を問いたい」 本人謝罪も医療関係者から指摘

デヴィ夫人「不妊」問題発言に「メディアの責任を問いたい」 本人謝罪も医療関係者から指摘

デヴィ夫人「不妊」問題発言に「メディアの責任を問いたい」 本人謝罪も医療関係者から指摘の画像

タレントのデヴィ・スカルノさんが「不妊の一番の理由は堕胎」などとテレビで発言したことを受け、医療関係者から事実と異なるとの指摘がネット上で相次いでいる。不妊に悩む人からも、発言に対して「辛い」、今後の周囲の反応が「怖い」と切実な思いが寄せられている。

デヴィ夫人はその後、「中絶を後悔してほしくなかった」とブログで説明し、発言について謝罪したものの、医療関係者の中からは、「非科学的」発言を発信させたメディアの責任を問う声も出ている。

「そういう目で見られるのが怖い」

デヴィ夫人が2020年10月24日に関西テレビの番組「胸いっぱいサミット!」でした発言についてのニュースが報じられると、大きな関心を集めた。J-CASTニュースも27日、本人コメントを取ったうえで「『不妊の一番の理由は堕胎』デヴィ夫人発言が物議 『事実と異なる』番組謝罪も、本人は反論」の記事を配信した。

こうした状況を受け、コメント欄やツイッター上などでは、不妊治療の体験を報告する人たちなどから、発言への苦言が次々に書き込まれている。

「中絶経験のない私は10年不妊です。この発言内容を知り一番に駆け巡った気持ちは、高齢になりつつある義父や親戚たちがこの内容を知り、信じ、そういう目で見られる可能性があるという事。怖いです」
「不妊症でした 年齢的に産めないのと持病があるため結果的に子供はいません 中絶云々と言われるととても辛いです」
「年配の人は子供居ない既婚女性に対して同じように思ってる人多いのね...」

中には、実際に祖母や父から、中絶したから子供ができないと言われたと告白する人もいた。また、「ストレスなんだから不妊治療辞めれば出来る」「高齢まで仕事優先したツケ」など言われ、傷ついたとする内容もあった。

デヴィ夫人「大変申し訳なく思っております」

著名人からも、発言に対する意見が相次いでおり、タレントの田村淳さんは、「どれだけ不妊で苦しんでる人がいるか理解してるのか?自分の知り合いだけのデータで、世の中の全てを語るなんて無理があるだろ...」などとツイッターで指摘した。

作家の乙武洋匡さんも、「誰でも間違えることはある。でも、その時は誤りを認め、そこから学べる人でありたい! データが示されても頑なに間違いを認めず、自身の正当性を主張し続ける人を、番組はこれからも起用するの??」とツイートで問いかけた。

医療関係者からも、デヴィ夫人の発言について、事実と違うとの指摘がネット上で相次いでいる。J-CASTニュースは28日、東京都内のある婦人科クリニックの院長に話を聞いた。院長は、

「1990年代ぐらい以降は不妊に光が当たり始め、今は治療への保険適用拡大が話題になっています。女性からの相談も、治療への迷いや夫婦のこと、仕事との両立などが主で、周囲の偏見や誤解などの相談はあまりありません。むしろ、非科学的なことをテレビで発言させることの方が悪く、不妊の人たちを悩ませ、つらい思いをさせるだけなので、メディアの責任を問いたいですね」
と指摘した。

今回の発言について、デヴィ夫人は10月28日、ブログにお詫び文を投稿し、「私はカソリック教徒だったため、中絶によってその方自身、または周りの方々が 生涯取り返しのつかない後悔に陥ってほしくないという強い思いからの発言でした」と説明した。「言葉と表現が足りず、一方的な発言が先行した結果こうした事態を招いたこととなり、深く反省しております」として、「私の発言によって、不妊治療に当たっている方々、中絶せざるをえなかった方々等を心ならずも傷づけてしまったり、不快な思いをさせてしまったことは残念であり 大変申し訳なく思っております」などと謝罪した。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)