タイツメーカー・アツギのツイッター企画に批判 きわどいイラストや表現に「不快」

タイツメーカー・アツギのツイッター企画に批判 きわどいイラストや表現に「不快」

タイツメーカー・アツギのツイッター企画に批判 きわどいイラストや表現に「不快」の画像

タイツメーカー・アツギの公式ツイッターアカウントが実施した企画「#ラブタイツ」が、物議を醸している。

11月2日は日本記念日協会が制定する「タイツの日」。これを記念し、さまざまなイラストレーターに描いてもらったという「同社商品を着用した女性キャラクターイラスト」をRTや引用RTで紹介した。その中で「素敵なイラストばかりで、動悸がおさまらない中の人。みんな可愛くないですか」とツイートしたことが発端となった。

「性的な目で見られるの勘弁してほしい」

「#ラブタイツ」ハッシュタグ付きで投稿されたイラストには「明らかにきわどい」、「股間が見えそうなほど太股見せてる絵も多くてタイツがちっともメインじゃない」といった声が寄せられている。「タイツ」が主役のため、足にスポットを当てている絵が多い。下着が見えそうになっているものもある。

これらのイラストや、「動悸がおさまらない」という表現から「性的な目線」を感じたとする人が多い。

「主にタイツを買うのは女性でしょ。女性がタイツをはくのは、世の男性に性的に見られたいからだとでもお思いで?」
「こちとら防寒のために履いてるのにそういう性的な目で見られるの勘弁してほしいです」

と、不快感をあらわにする人が後を絶たない。「もうアツギの商品は買わない」といった厳しい声も飛び出している。

「いいね」した福助が先に謝罪

アツギアカウントは、11月2日19時台に投稿された「#ラブタイツ」イラストをRTしたのを最後に、11月3日正午過ぎまで更新されていない。

先に動きを見せたのは、靴下やストッキングなどを製造販売する福助(東京都渋谷区)の公式ツイッターだ。11月3日深夜1時半ごろに「お詫びとリプライ削除のお知らせ」を、11月3日9時49分にも改めて謝罪の背景について以下のようにツイートした。

「改めまして他社様の企画にイイネをした真意についてご説明申し上げます。他社様の企画を知った際に、内容をきちんと確認せず同業者が企画をされていること自体を好意的に捉えて軽率にイイネをしてしまいました。意識が低く言い訳のしようもない行為でございました」

「#ラブタイツ」企画について「いいね」をした経緯を説明し、「重ねて深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」と続けた。この行動について「アツギよりレスポンス早かった」、「アツギの件でなぜか福助が延焼してるし福助は即座に謝ってる」との声が上がっている。

J-CASTニュースは11月3日11時ごろ、アツギに電話取材をした。「対応を協議したうえで連絡する」との話だった。アツギから回答が届いたら追記する予定だ。


(2020年11月3日23時30分追記)11月3日夜、アツギの担当者から記者に連絡が入った。同社ウェブサイトで見解を発表したので見てほしいとのことだった。

サイトには11月3日付で、「ラブタイツキャンペーンに関するお詫びとご報告」と題した文書ファイルが掲載されている。冒頭で、

2020年11月より弊社がTwitter上で実施しております「ラブタイツキャンペーン(#ラブタイツ)」におきまして、投稿された一部のイラストに性的な描写を連想させるような不適切な表現がございました。このキャンペーンにより多くの皆様に不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。

と謝罪。合わせて、同社の公式ツイッターによる新規ツイートを当面休止すると明らかにした。