岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち民主党支持者も「トランプが勝つ」と見る理由

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち民主党支持者も「トランプが勝つ」と見る理由

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち民主党支持者も「トランプが勝つ」と見る理由の画像

「トランプとバイデン、どちらが勝つと思うか」――。米大統領選を直前に控えた今、こう尋ねると、「トランプ」と答える人が、共和党、民主党、ともにはるかに多い。民主党支持者が圧倒的に多いニューヨークと、ペンシルベニア州アレンタウンで行われたトランプ支持者集会での、人々の声を伝えよう。

「バイデンに勝ってほしいが、勝つのは...」

「トランプとバイデン、どちらが勝つと思うか」

2020年10月26日、ペンシルベニア州アレンタウンで行われたトランプ氏の支持者集会で、参加者たちに聞いてみた。

当然のように、ほぼすべての人が、「トランプが勝つ」と断言した。しかもその多くは、「圧勝する」「当然だ」「疑いの余地もない」と自信満々だった。

一方、同じ質問を大統領選前最後の週末、民主党支持者が圧倒的に多いマンハッタンでしてみた。

4年前の大統領選で、ニューヨーク市では19%の人がトランプ氏に投票した。マンハッタンに限れば、わずか10%だった。

ほとんどの人が「I hope(バイデンが勝ってほしい)」という言い方をする。 

しかし、「あなたが勝ってほしいのはバイデンだとわかったけれど、勝つと思うのはどっち?」と聞き直すと、「トランプ」と答える人がほとんどだった。

「わからない」と答えた人もいるが、「バイデン」と自信をもって答えた人はごくわずかだった。

「世論調査もマスコミも、もう信じていない」

ニューヨークのセントラルパークの南にトランプ氏が所有する「トランプ・パーク」と呼ばれるコンドミニアムがある。その前に立っていた50代くらいの女性に聞いてみた。このトランプ所有のビルに住み、裕福そうだから、トランプ支持者かもしれない。

「バイデンに勝ってほしいわよ。このビルの名前から『トランプ』を削除する運動をしている」という。

「4年前にどれほど驚き、ショックだったことか。ヒラリーが勝つって、何の疑いもなかったんだから。ニューヨークは翌日、お通夜みたいだったわ」

「世論調査もマスコミも、バイデン優勢と伝えているけれど」と振ってみると、「世論調査もマスコミも、もう信じていないわ。4年前だって、選挙寸前まで、ヒラリー優勢だって言っていた。世論調査やマスコミを信じ切っていたから、痛い目にあったのよ」

そして、「残念だけど、トランプが勝つ気がする。トランプ支持層は厚いわ。コロナでこれだけ死者が出ても、彼らはトランプのせいだと思っていない」と言う。

地下鉄のホームを清掃していた30代くらいの黒人女性にも、同じ質問をしてみた。

「どっちが大統領になっても、黒人のために何かしてくれるわけじゃない。バイデンになったら、税金が上がると思って、トランプにするっていう人もいる。私はバイデンも好きじゃないけど、どっちか選ばなきゃならないから、2人の悪人のうちのまだましな方、バイデンに投票するわ」

「勝つのは?」と聞くと、やはり迷わず「トランプ」と答えた。

それでも、マンハッタンのマジソンスクエアガーデンで期日前投票するために並んでいた人たち10人ほどに聞くと、「トランプに投票する」と答えたのは、男性1人だけ。あとは皆、バイデン氏だった。

チャイナタウンで土産店を経営するインド系アメリカ人(30代)など、自分でビジネスをしている人の中には、トランプ氏を支持する人も少なくない。

そして、ニューヨーク市クイーンズ区の高級住宅地で話した人たちにも、トランプ支持者が半数以上いた。

この日はハロウィーン(10月31日)だった。コロナ感染予防のために、キャンディを2メートルくらいの筒の中に入れて下に落とし、子供たちにあげていた家族が2組いた。1組はトランプ支持、もう1組はバイデン支持だった。

そこですれ違った公立校の副校長だという女性に、「トランプを支持するか」と聞くと、「私の母親は支持者よ」と答える。自分の意見は避けてそう答える人は、たいてい「隠れトランプ」で、彼女もそうだと認めた。

「でももちろん、学校ではそんな話はできないわ」と言う。

女性も含め、この地域で話したトランプ支持者らも皆、「トランプが勝つ」と答えた。

「勝利宣言」まで何が起きるかわからない

「トランプが勝つ」と答える民主党支持者は、やはり4年前に世論調査とマスコミの予想に「裏切られたトラウマ」があるのだろう。「隠れトランプ」の存在も大きかった。それだけに、答えるときにも、より慎重になるのかもしれない。

その中には、「民主的なやり方では自分たちが勝っても結局、共和党が不正を行ったり、いちゃもんを付けたりして、負けを認めない」と危機感を抱く人たちが多い。

一方で共和党も、「新型コロナウイルス感染拡大を恐れて民主党が提案した郵便投票で、不正が行なわれる」と懸念している。

勝利が宣言されるまで、何が起きるかわからない。両陣営とも、戦い続けるためには、資金が必要だ。

民主党、共和党の両陣営から、選挙日直前まで毎日複数のメッセージやメールが、「Mitsy(私のニックネーム)」と呼びかける形で盛んに送られてきた。

民主党からは、メールや電話での支持者への呼びかけ、共和党側からは選挙戦直前まで全米で行われた支持者集会への参加呼びかけもあったが、やはり寄付を求めるものが多い。

民主党側から「バラク・オバマ氏」の名で、こんなメールが届いた。

「異常な選挙です。今から勝者が宣言される瞬間まで、何が起きようとそれに備えるための資金が必要なのです。ミッツィ、選挙前にあなたに私が送る、これが最後のメールです。このキャンペーンで成し遂げようとしていることは、この先、何世代にも影響を及ぼします。私と同じように、ミッツィ、あなたもそれを誇りに思っていると願っています」

共和党は「最後の寄付のお願い」で、「民主党は汚いやり方でこの選挙に勝とうとしています。選挙後も結果を守り、戦い続ける資金を確保するために、あなたの寄付をお願いしなければなりません」「バイデンとカマラにこの国を崩壊させるわけにはいかない」「あなたの国のために戦いましょう!」と訴える。

マイク・ペンス副大統領の名でも、「危機的な状態なので、私がメッセージを送っています。勝つためには、選挙資金を大幅に増やさなければなりません」

いよいよ選挙本番。明日からこの国で何が起きるのか。神のみぞ知る。こんなに不安な思いで大統領選当日を迎えたことは、これまで記憶にない。

(随時掲載)

++ 岡田光世プロフィール
おかだ・みつよ 作家・エッセイスト
東京都出身。青山学院大卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。日本の大手新聞社のアメリカ現地紙記者を経て、日本と米国を行き来しながら、米国市民の日常と哀歓を描いている。米中西部で暮らした経験もある。文春文庫のエッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズは2007年の第1弾から累計40万部。2019年5月9日刊行のシリーズ第9弾「ニューヨークの魔法は終わらない」で、シリーズが完結。著書はほかに「アメリカの家族」「ニューヨーク日本人教育事情」(ともに岩波新書)などがある。