「鬼滅の刃カラー」人気の理由、美容業界に聞く トレンド抑え、3次元でも映えるファッション性

「鬼滅の刃カラー」人気の理由、美容業界に聞く トレンド抑え、3次元でも映えるファッション性

「鬼滅の刃カラー」人気の理由、美容業界に聞く トレンド抑え、3次元でも映えるファッション性の画像

「鬼滅の刃カラー」と称されるヘアカラーが広まりつつある。人気アニメ「鬼滅の刃」の映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が社会現象化し、ヘアトレンドにも影響を持ち始めた。人気キャラクター「胡蝶しのぶ」を模した紫のグラデーションカラーや、映画で活躍した「煉獄杏寿郎」のように毛先に赤色を入れる人が現れた。このようなヘアカラーは「鬼滅の刃」ファンにとどまらない、子供から大人まで幅広い年代に親しまれているという。

作品としての面白さに留まらない、「ファッション」という観点での「鬼滅の刃」の影響力とは。J-CASTニュースは、鬼滅の刃カラーを施術することで話題の美容師と、「鬼滅の刃」のスタイリングカラーワックスを発売したビナ薬粧に、メールで取材を行った。

アニメで描かれた映像美、ファッション性の高さに注目

「昨年の9月頃からお客様のオーダーが増えて、12月にテレビに出させて頂いたのをきっかけに爆発的にお客様が増えました!」

吉祥寺で美容師を務める井上佳祐さんは、こう振り返る。井上さんは、客に勧められたことをきっかけに、2019年4月のテレビアニメ化と同時に作品を追い始め、19年5月に「鬼滅の刃」風カラーをSNS上に投稿した。この施術が話題となり、19年12月ごろから「news zero」(日本テレビ系)など複数のテレビ番組に出演し、「鬼滅の刃カラー」を紹介している。井上さんは、全キャラ人気ではあるとしながらも、こだわっている竈門炭治郎風カラーが一番人気だと話した。

現在は多数の美容師が「鬼滅の刃カラー」の施術を行っており、インスタグラムなどの投稿も広まっている。そんなトレンドを後押しするように2020年3月、ビナ薬粧(大阪府柏原市)は「鬼滅の刃」に登場する人物をイメージしたカラーワックスを発売した。

企画室の磯島裕介さんによれば、同社では2015年から複数のカラーワックス製品を製造販売しているものの、当時はまだ誰もがカラーリングをしているという時代ではなかったという。しかし、近年はインナーカラーや毛先カラーなど様々なカラーリングが流行している。

「そんな中、『鬼滅の刃』のアニメが人気を博し、そこで描かれる映像美、ファッション性の高さも注目されるようになりました。美容室でカラーできる方はいいですが、やはり学生さんや会社勤めの方など完全に染められない方は一定数おられますし、いろんなカラーやアレンジを楽しみたい方たちもいらっしゃいます。そんな方たちに、もっと気軽にアクセサリー感覚で、一日だけ髪色チェンジを楽しんでいただきたいと考え開発いたしました」

ビナ薬粧は、アニメ化をきっかけに「鬼滅の刃」で描かれるビジュアルやファッションに注目する女性ファンが増加したとしている。

大正時代ならではのビジュアル性が...

実際、ヘアケアブランド「シュワルツコフ」で知られるヘンケルジャパン(東京都品川区)が2020年3月に発表した調査結果によれば、鮮やかなカラーを取り入れた「派手髪」をオーダーする人は、昨年より3.6倍増加しているという。この発表内で、ファッション・クリエイティブ・ディレクターの軍地彩弓さんは派手髪流行の背景として、職場での自由な服装や髪型を認める企業の増加のみならず、アニメやゲームなどを原作とした3次元の舞台コンテンツ「2.5次元」文化、そして「鬼滅の刃」の流行などを指摘した。

前述のビナ薬粧の磯島さんは、「鬼滅の刃」のビジュアルの「取り入れやすさ」に注目する。

「漫画の舞台は大正時代。大正時代は、和装と西洋からのモダンさが入り混じった文化ですよね。その融合したビジュアルが、現代の若い女性を中心とした方々に新鮮に、斬新に感じられたのではないでしょうか。登場人物一人ひとり、髪型や衣装、アクセサリーなど個性的で、凝っている。特に、髪型は、現代のトレンドも取り入れて真似しやすく、推しキャラになりきってSNSにアップするという、現代の流れにうまくマッチしたのではないでしょうか」

また、美容師らも「鬼滅の刃」のビジュアルやファッションに注目している。19年8月から「鬼滅の刃カラー」のオーダーを受けているという、渋谷で美容師を務める志賀尚之さんは、こう述べた。

「鬼滅に登場するキャラのヘアは、グラデーションのデザインが多めだったり、セクションカラーや、裾カラーなど、2次元から3次元の現実に落とし込んでも素敵なヘアが多く、真似したいと思う要因が多かったのではと思っております」

井上さんも、派手にはなりたくないけど色は入れてみたいと思っている人は多いとし、黒からのグラデーションなど「派手すぎないけどオシャレなカラー」が取り入れやすかったのではないかと考察している。

他の2次元作品にも波及

井上さんも志賀さんも、SNSに投稿した「鬼滅の刃カラー」がきっかけで、来店する客が増えていると語る。志賀さんは19年10月16日、「鬼滅の刃」風ヘア一覧をツイッター上に投稿し、現在までに1万件を超えるリツイート、3万件を超えるいいねが寄せられるなど大きな反響が寄せられた。

テレビやSNSで注目を集め、広まっていく鬼滅の刃カラー。美容師たちは、アニメや声優ファンだけでなく、髪色に興味を持った幅広い年代の人々からのオーダーも受けるという。ビナ薬粧の磯島さんも、「鬼滅の刃スタイリングカラーワックス」は、想定以上に幅広い人々に親しまれたと述べる。

「発売前は、10代後半から20代半ばくらいの男女を想定しておりました。しかし実際は、小さなお子さまから40代・50代の方まで、年齢性別問わず、幅広く好評の声をちょうだいしております。アニメファンで、登場人物になりきりたい、真似したい方はもちろん、お子さまや親子でコーデを楽しまれたり、純粋にお洒落を楽しんでいる方も多くいらっしゃいます」

磯島さんは、「鬼滅の刃」がインナーカラーや毛先カラーなどの最近のトレンドの年齢層の幅を広げたのではないかと考察している。

さらに、渋谷で美容師をしているコサカリュータさんは、「鬼滅の刃」がアニメや漫画などの2次元キャラクターを身近にしたと語る。

「鬼滅の刃のブームがきっかけとなり、さらにアニメやマンガなどのカルチャーがメジャーになりヘアースタイルとしても一般の方々に広がっていった傾向を感じます」

そして「鬼滅の刃」以外の作品風の髪のオーダーも受けていると述べた。

「ここ最近は呪術廻戦が多いですね。ヒロアカやハイキュー、Fate、ツイステやヒプマイ、僕自身もキャラクターが好きなのでお客様がキャラクターが好きですと好きなアニメなどのキャラクターを例にあげたりしてヘアカラーのイメージを共有する事が多いです」

(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)